<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
都内近郊の賃貸住宅の家賃相場
都内近郊の家賃相場のおおよその目安は、リクルートの「ISIZE住宅情報」の「フォレント」の


「沿線別家賃相場から探す」


を見れば把握できます。


ただし、これはリクルートに広告を出された賃貸物件の家賃相場であり、地元の不動産屋さんが管理し広告を出さない物件、リクルート以外の無料賃貸情報誌に掲載されている物件が含まれていませんし、家賃を少しまける場合もありますから、若干高めであると思います。

大手不動産会社が大規模開発を行い高級賃貸マンションを建設し、膨大な広告費をかけますと掲載物件が多くなり、家賃相場をつりあげます。周囲には格安のあまり広告がされないマンションがある可能性も否定できません。

家賃相場とはおおよその目安であり、実際には同じ地域であっても、建物のグレードや設備、マンション個々の住宅環境、築年数とリフォームの有無、募集時期、付近の需要と供給による空室率などさまざまな要因で家賃設定は変わります。

都内近郊の場合のおおよその傾向は次のようであると思います。

1.都心部の家賃相場が高く、郊外に行くほど安くなります。ただし、同じ沿線であっても、高級住宅地、急行停車駅は都心より遠くても近い駅と逆転して高くなります。

2.都内近郊全般的には、東より西、北より南が家賃相場が高いようです。東海道、東急、小田急、京王、中央線の沿線が高いようです。

3.東京では昔から「山の手」という高台の高級住宅地がありました。一般的には「川の手」よりも「山の手」の方が家賃相場が高いのです。ただし、近年、東京湾岸や隅田川の沿岸などで大規模タワーマンションが建設され、そのような高級マンションの家賃は当然ながら高額になります。

4.都心部のすぐ近くであっても、歴史的経過、大規模開発の有無、地域による情報発信の有無など総合的イメージで家賃相場が変わります。実際には住環境、交通や生活の便利さよりも、街の知名度・ネーミングが重視され、いわいる人気がある街があるのです。

たとえば新宿区の四谷と港区の青山、新宿区の四谷と渋谷区の神宮前、通り一本しか隔ててないのに、青山・神宮前の家賃は高額で四谷の方が安いです。名をとるか、実を取るかということだと思います。

最近はインターネットにより探す場合が多いでしょうが、検索エンジンの上位に表示される不動産会社は大手の場合が多く、必ずしも地元情報に精通しているわけではありません。資金的に余裕があり高級物件を探している場合、どこでもいいからある程度のグレイドという希望の場合は大手不動産会社の方がいいでしょう。

しかし、

住みたい場所が決まり、そこで少しでも住環境、設備がよく、家賃も安いほうがよいとご希望の場合は、地元に行き、地元の不動産会社に案内してもらった方がいいでしょう。

ただし、大手・地元に限らず、どの不動産会社も自分のところの管理物件を優先的に決めようとするのは当然のことです。たとえば、空室はないとの回答の場合、地域全体で空室がないのか、その会社の管理物件で空室がないのかを確かめて見ましょう。

あまり何件も不動産屋さんを回るのは労力の無駄ですが、複数の不動産屋さんを回ってみるのがいいでしょう。不動産屋さんの無理な誘導にはひっかからないようにしましょう。

同じ地域でも新しく、住環境がよく、グレイドが高く、設備が充実しており、入居者を選んでいるマンションは家賃が高い傾向にあります。とくに地元の不動産会社か直接管理している不動産会社でないと、どのような住人が居住しているかはわかりません。


大家・管理会社や警察の目が行き届いている賃貸マンションが安全です。


たとえば、迎賓館や東宮御所に近い新宿区の四谷の東南部の地域は、大家や不動産会社は入居者を厳選していますし、四谷警察署もどのような入居者がいるか巡回し、ポスターで「110番」通報を呼びかけていますので、比較的安全な地域です。

家賃は、個々のマンションの状態により違うもので、家賃相場はひとつの目安とするべきもでしょう。


写真や不動産会社については


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 19:48 | 都心賃貸住宅
鉄道とタクシーを組み合わせて東京都心を駆け回る
ビジネスマンや営業マンで、得意先に一日に何箇所も行く必要がある場合もあるでしょう。

電話がかかってきて、すぐ駆けつける必要がある職業の方もおられるでしょう。

スピーディーな対応こそ誠意の証です。

商品や機械があるため、自動車で移動せざるをえない職業の方もいるでしょう。
その場合にも東京の中心にいれば、どちらに行くにも速くいけます。


東京の鉄道はターミナルから郊外に伸びており、

どこに行くにも早く行くためには、自分が東京の真ん中に住んだり、仕事をしている必要があります。

一般的に最寄り駅までは鉄道、駅前からタクシーがもっとも早くつく方法です。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 19:05 | SOHO 自宅兼事務所
都心部はどこへ行くにもタクシー利用利用可能な街
東京都心部はタクシーが頻繁に流しています。

私はタクシーは、すぐ空車が来るし、手を上げてひろう物だと思っていました。

しかし、そのようなことが可能なのは、東京の都心部、大都市の中心部だけなようです。

東京の真ん中、つまり山手線の真ん中、新宿区四谷近辺は、どこへ行くにもとにかく便利です。

公共交通も便利ですが、車も便利です。

新宿、渋谷、赤坂、六本木、霞ヶ関、銀座、丸の内、池袋・・・
場所や行く道や交通の混み具合によりますが、1000円から2000円ぐらいではないでしょうか。
3000円を越すことはまずないでしょう。


東京の真ん中、四谷は忙しく働く方の街です。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 18:43 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
青山と四谷の違い
東京でもっとも家賃が高いのは、港区の青山一丁目、六本木、表参道あたりです。
四谷の家賃相場は新宿区北部や周辺部に比べれば高いのですが、隣接している青山に比べると、かなり安いですよ。

だから四谷は住宅街として東京都心の穴場です。

青山や六本木の家賃が高いのは地域的な人気もありますが、東京ミッドタウンや六本木ヒルズのように、大手不動産会社が再開発をすすめ、超高級マンションが建設されたことにもよります。再開発される前までは六本木は繁華街で、住居は少なかったのですが・・・

青山と四谷は明治神宮外苑の南側か北側かというだけの違いです。徒歩で10分から15分ぐらいの距離です。

明治神宮外苑はほとんどが新宿区でして港区はごく一部です。


国立競技場も新宿区でして、新宿区霞ヶ丘にあります。


ただし、聖徳記念絵画館は南側、つまり青山方向を向いています。

交通と生活の便利さ、物価が安く生活のしやすさは四谷に軍配があがります。
四谷の方が地下鉄だけでなくJRも通っていて交通は便利です。
生活についても、日常の買い物をしたり、飲食をするのは四谷の方が便利です。


一方、イメージとしては青山に軍配が上がります。
青山はブランド品店や高級料理店は多いのですが、生活をするのに毎日食べに行く、毎日買いに行くには高すぎます。
青山には紀ノ国屋や大丸ピーコックがあるのですが、閉店時間が早く、夜になると四谷三丁目まで買いに来る人もいるようです。

四谷は大手資本の店が少ないといわれますが、進出してきても、地元の店が強く、閉店するケースがあります。

名前をだして恐縮なのですが、大手のK樽と「八竹(はちく)の茶巾寿司」を食べ比べれば一目瞭然。八竹の茶巾はうまい。K樽は閉店しました。

仮に大手のアイスクリームチェーンが進出してきても、「ナポリアイスクリーム」の方がうまいと思いますよ。

青山は港区なので品川ナンバー、四谷(信濃町、四谷三丁目)は新宿区なので練馬ナンバー、その差が大きいと言われれば、そうなのですが・・・

青山のイメージはいいのですが、毎日生活するには、家賃が青山より安く、物価も青山より安い四谷の方が生活はしやすいと思いますよ・・・・

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 18:38 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
東京メトロ副都心線がいよいよ開通しました。
2008年6月14日、東京メトロ副都心線が開業
東京の真ん中、新宿区四谷はますます便利になりました!

副都心線はいまのところ、かなりすいており、通勤が楽です。
急行がくれば、次の駅は渋谷か池袋です。
 速い!!! 便利!!!  地上に出るには多少時間はかかるけれど混雑していません。
新宿三丁目で副都心線と丸の内線は階段で直結(副都心線から丸の内線への上り方向のみエスカレーターあり)して、乗換えが便利です。


ゆくゆくは渋谷で東急とつながる予定ですが、現在は東武東上線と西部池袋線と相互乗り入れをしています。

四谷は東西に南から
都営大江戸線
JR中央線(各駅は総武線に乗り入れ)
東京メトロ丸の内線
都営新宿線
がほぼ平行して走っています。


四谷は南北には、
東京メトロ南北線
があり、
東京メトロ副都心線
の開業でより便利になります。


すぐ隣の新宿区新宿はご存知のように、多くのJR、私鉄、地下鉄が通っている日本一の乗降客が多い駅です。

淀橋浄水場の跡地に、新宿高層ビル街ができるまでは、新宿といえば東口でした。
現在は東口、西口ともに発展しています。

副都心線は東京メトロとしてはめずらしく、都心部にも急行ができました。池袋、新宿三丁目、渋谷が停車駅です。

新宿三丁目の地下は、丸の内線、都営新宿線、副都心線が交差する一大ターミナルになります。新宿駅にも歩いてもすぐで、乗り換え客も多いでしょう。

新宿区新宿は繁華街、ビジネス街であり、住宅地としてはあまり向いていません。

住宅地としては、新宿のすぐとなりの四谷が最適です。

四谷は都心でありながら、明治神宮外苑、迎賓館・東宮御所、新宿御苑と緑に囲まれた閑静な住宅地です。

新宿通り、外苑東通り、外苑西通り、外堀通り、靖国通り沿いが近隣商店街・ビジネス街であり、大通り沿いのビルの上層部と大通りから入った裏通りが住宅街です。

交通が便利、生活が便利な東京の真ん中、新宿区四谷に住みませんか!!!

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 18:08 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
東京 住みやすい街、便利な町はどこだ
独身の場合、女性はたまには自分で料理をするでしょうが、男性の場合はほぼ連日外食になると思います。

そこで重要なことは、

毎日外食できる価格帯の店が、家から徒歩圏でどれだけあるかということです。

★飲食店では次のような店があるといいですね。

定食屋、寿司店、そばうどん屋、てんぷら屋、ファミリーレストラン、立ち食いそば、カレー専門店、イタリア料理店、中華料理店、ラーメン屋、エスニック・・・・

ドトール・ベローチェなどのコーヒー専門店、フルーツパーラー、アイスクリーム、たい焼き屋・・・・

居酒屋チェーン店、水産物中心の居酒屋、焼き鳥屋、おでん屋、小料理屋・・・

★スーパー・コンビニでは次のような店があるといいですね

食品中心で惣菜・弁当もあるスーパーが深夜まで開いていること、24時間営業が望ましい

家から徒歩5分以内に複数のコンビニがあること


★衣料品、装飾品、家具、書籍、CD、DVDなどは繁華街のデパートや専門店に行った方がいいので、銀座、新宿、渋谷、青山、六本木、秋葉原のすべてに5分から20分以内で行くことができるとよい。

以上のような条件をだすと、飲食店や商店がたくさんあり、東京の主要繁華街すべてに20分以内でいけるところは、いくら東京でもないだろうと思うでしょう。

このような街は東京でほぼ一箇所だけあるのです。
東京の環状線である山手線の中心部です。
まさしく大東京の真ん中です。
新宿区四谷(四谷三丁目)とその周辺です。


中央線・総武線、丸の内線などの東京メトロが交差し、至近距離を都営地下鉄大江戸線、新宿線が走っているところ

表通りが商店・飲食店・事務所、裏通りが閑静な住宅街だから生活が便利です。

至近距離に複数のJR,東京メトロ、都営地下鉄の駅がありますから、各繁華街にすばやく行くことが可能です。

東京・四谷は忙しく働く方の街です。

高額の高級マンションから低価格の木造賃貸アパートまで、賃貸物件は豊富です。


くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 16:12 | 都心賃貸住宅