東京都心 賃貸住宅(マンション・アパート)の選び方(場所・価格・設備)
東京に就職が決まった
東京本社に栄転が決まった


「東京で一旗あげてやるぞ」と決意した。


どこに居住するかが運命の分かれ目です。
(独断と偏見で多少誇張した表現になっています)


東京は広いですよ。
通勤時間がかかります。

ラッシュアワーは大混雑、座れないどころか、すしづめ状態。
会社につくまでに体力消耗。

会社についてまず最初にやることはお茶飲んで休憩。
そんな勤務者が出世するわけがない。

それをやっていいのは部長・大企業の支店長以上の管理職です。

課長・店長(小売店・飲食店)・営業所長レベルでは、
一番早く来て、一番遅く帰ることになります。
新人は、新入りは誰よりも一番早く来て、仕事の準備をするのです。



次に重要なのは居住環境です。

医者、弁護士・税理士、一流企業の勤務者とくに金融、コンサルタントなどは、
超多忙で若手はみな都心に住んでいるか、都心に住みたいと思っています。

マスコミ、広告、芸能関係は、新人でも、設備はがまんしてでも
都心に住まないと、仕事になりません。
勤務時間は、定めがあっても、無いようなもので、朝早かったり、夜遅かったり、状況によって対応するのが仕事です。

大御所クラスの有名人は郊外の高級住宅地の一戸建てに住んでいるでしょうが、
若手は都心部の高級マンションに住んでいる場合が多いと思います。

最近の傾向は職住接近です。

都心部は情報が多く、企業以外でも、
子供の学校、趣味のつながり、
異業種交流会、勉強会・研究会・講演会、業界団体、商工会議所、
文化施設、スポーツ施設で、さまざまな実力者・有名人との出会いがあり、
友人になったり、人脈の形成ができるのです。


住宅選びのポイントは


第一に場所
(交通の便利さ、生活の便利さ、街並みなどの居住環境)

第二に家賃と物価が都心としては比較的安いこと
第三に居住するマンション・アパートの設備です。


光ファイバーが引けるかどうか、衛星放送が受信できるかどうか(ケーブルテレビを含む)は契約する前に確認しておきましょう。


設備がいろいろついていれば、建築費や維持費がかかりますので、家賃は当然高くなります。
なんでもかんでも、ついていればよいと考えるのではなく、
自分にとって何が必要で、何はなくても妥協できるという考えが必要です。

築年数がたっていても、新耐震基準で、手入れが行き届いていれば、家賃が新築に比べて安いだけお得です。


地方出身者のマンション選びの思考方法は

第一に場所の名前、イメージ

(あこがれの港区、渋谷区に住みたい、路地の奥でも青山)
(都心は家賃が高いと誤解、下北沢、吉祥寺、自由が丘などはじめから郊外に居住しようとする)

第二に家賃の価格

(周辺部、隣の県に行けば家賃は安くなりますが、不便で交通費がかかる)
(新宿や渋谷に便利で、緑がある吉祥寺が人気ですが、四谷と吉祥寺の家賃は差がない。)

第三にマンションの日当り、設備

(夜寝るだけなら日当り悪くても休日くつろぐ公園が近くにあったほうがいいのでは)
(単身者や若夫婦の場合は風呂の追い炊きは必要か)
(オーブンやシステムキッチンがあっても料理をする時間があるのか、使いこなしていない人がほとんど。)


はじめて上京する方は東京を知らないからやむをえないのですが、
東京に住み、仕事が忙しくなり、帰宅時間が遅くなると、
終電・終バスに間に合わずタクシー利用、
超満員のラッシュアワーで体力消耗、
頻繁に起こる人身事故、車両故障、信号トラブルなどによる電車不通・・・
にまいって、
都心の交通が便利、生活が便利な場所に引越しすることになるのです。

名より実、山手線の真ん中あたり、四谷あたりに住みたくなるのです。


四谷は忙しく仕事をする人の街ですから、
都心部としては、物価も、家賃も、比較的安いです。
(隣接している番町・麹町、青山、神宮前との家賃比較)


くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。

[PR]
by toshinseikatu | 2018-02-15 15:44 | 都心賃貸住宅