東京の四谷(四谷三丁目・信濃町)は新宿区ですが、新宿とは街の雰囲気が違う
東京の四谷(四谷三丁目・信濃町)は新宿区ですが、新宿とは街の雰囲気が違う

新宿区の東半分、四谷や牛込は、歴史の面影を受け継ぐ閑静な住宅地です。

神楽坂に比べれば、明治神宮外苑、新宿御苑、迎賓館前若葉東公園など公園が多く、
スポーツ施設が充実しているのが四谷の特徴です。

四谷にはかつて荒木町と大木戸という二つの花街がありましたが、大木戸、荒木町とも花街はなくなりました。
荒木町の最後の料亭が廃業してからまだ数年しか経っていません。
マンションに建て替えられたところも多いのですが、飲食店街として古い街並みも残っています。

新宿区の新宿地区と四谷地区・牛込地区は街の雰囲気が違います。


「新宿区→歌舞伎町→危険」と地方の方は連想しがちです。
歌舞伎町は中国人勢力が強く、日本のヤクザの勢力も特定の組の支配下ではないようなので、危険な街です。
東京都では浄化作戦を行い、だいぶ効果がでてきたと言われています。
新宿警察署の管内です。

新宿駅より歌舞伎町を除く東側は四谷警察署の管内です。四谷地区と新宿地区が四谷警察署の管内です。

四谷地区は迎賓館・東宮御所に近いため、
四谷地区では防犯にとくに力を入れています。



四谷は東は東宮御所・迎賓館、南が明治神宮外苑、西が新宿御苑と
都心部ではもっとも緑が多い地域です。

表通りは商店街、裏通りは住宅街ですので生活が便利です。

四谷には歴史が長い伝統的な老舗や、
四谷を本店・発祥の地として、
周辺部に支店やチェーン展開している企業があります。

青山は地元の企業は少なく、ほとんどが大企業か外国企業です。
地方の方は、大企業や外国企業が出展する地域に魅力を感じるでしょうが、
地元の企業が発展している四谷も魅力があると思います。
港区では麻布十番には老舗があります。

四谷三丁目周辺は、バブルのころ地上げした空地はほぼビルやマンションが建設済みで、
現在は既存のビルやマンションを取り壊しての建て替えがすすんでいます。


分譲中心ですが、不動産会社が自ら賃貸住宅を建設しています。
生命保険会社だけでなく、東京電力まで賃貸住宅建設していました。


四谷の住人は周辺部から便利さを求めて引越ししてくる方が多いようです。
四谷で仕事をして住宅も四谷という人もいますが、
大手町、丸の内、麹町、青山あたりで自営または勤務し、
自宅は生活が便利な四谷三丁目あたりという方もいます。

地方の方も、東京・四谷の交通の便利さ、生活の便利さをご理解いただき、
周辺部にまず住むのではなく、いきなり四谷に住みませんか。

周辺部に比べれば家賃は高いですが、
隣接している港区青山、渋谷区神宮前、千代田区番町・麹町に比べれば
家賃は安いですよ!!!

[PR]
by toshinseikatu | 2018-02-15 15:50 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報