職住接近、学住接近のメリット 職場のそば、大学のそばに住んで、時間と交通費を節約しよう
職住接近、学住接近のメリット 
職場のそば、大学のそばに住んで、時間と交通費を節約しよう

バブルのころは地価が上がり、家賃も上がったため、都心に住むことができず、
郊外に家を借りたり、買ったりせざるをえませんでした。

現在は地価も、家賃もバブルのころに比べれば大幅に低下しました。


地方から上京されて、まず驚くことは朝夕の通勤ラッシュでしょう。
慣れていないこともあり、体力消耗、グロッキーになるようです。

混雑の状態にもよりますが、本も読めないぐらいに混雑していることはざらですよ。


時間的にも、体力的にも、交通費の節約からも、
会社や学校のそばに住んだ方が楽です。

都心部と郊外の家賃の差は少なくなってきており、
また郊外でも東急や小田急や中央線沿線は高いので、
都心部との家賃さがないところもあるようです。

職場については交通費については会社の補助があるでしょうが、
通学の場合は全額負担になるでしょうから、大学や専門学校に近い方がいいに決まっています。
大学が東京都心部から、一時期、郊外に移転しました。
郊外の大学であれば郊外に居住する方が便利でしょう。
いったん郊外に移転した大学も、大学院や一部施設を都心部に戻しています。




通学時間の分をバイトで稼げば、都心部の方が一般的に高額のバイトがあるので、元がとれますよ。
学生のうちに就職したい業種のバイトで人脈をつくのも手ですね。

東京の生活は地方と比べ物にならないくらい夜が遅いのです。
終電や終バスに関係なく仕事や勉強やつきあいをやりたいものですね。

東京らしい生活が楽しめるのはやはり都心です。


都心に企業も店舗も集中していますから刺激になりますよ。
都心回帰は急速に起こっています。
都心に住むことは、時間の節約だけでなく、バイトをすれば経済的にも節約になるでしょう。

家賃の差以上に、交通費の差、勤務収入の差はあるはずです。

自営業の場合でも、お客様や取引先と会うのは、都心部です。

風光明媚な場所で、年金生活で、余生を楽しむのは無理です。


くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。

[PR]
by toshinseikatu | 2018-02-15 16:03 | 都心生活