4月から5月にかけて、より快適な場所に引越をしよう
3月の引越は、転勤、就職など、
必要に迫られての引越です。
3月に入居者が引っ越した後に、
4月末入居可能物件が狙い目です。


短い時期に、空室を探して、入退去が行われますので、

便利で、環境がよく、設備が整ったマンションには、居住しにくいくいのです。



退去の時期、リフォーム・クリーニング期間、入居の時期、

退去者・入居者の事情に合わせるしかなく、タイミングによります。



4月から5月にかけて、
退去が遅れたマンションは、
人気・不人気にかかわらず、
空室になってしまいます。


必要に迫られて引っ越しをする人は減少します。


通勤に便利な都心部に居住したい、
結婚するので住居を借りたい、
子供ができるので、少し広い部屋を借りたい、
比較的前向きの引越動機の方が増加します。




春の時期には空室がなかった、
交通が便利で、生活が便利で、
住環境が良い、設備が充実している、
人気マンションに、
3月よりも賃料を安く入居できます。



マンションの経営者によって、経営方針・経営戦略は違いますが、
入居希望のお客様が少ない時期には、多い時期より低めの家賃にしているケースもあります。



入居者をある程度選別して、良好な入居者のみマンションにするのが理想です。
不動産会社にとっても、マンション経営者にとっても、心がけていることです。
入居者にとっては、ありのままを述べて、必要書類を提出し、入居を認めてもらいましょう。





借りて市場ですが、
堅実に経営していて、
良質な入居者を確保しているマンションンの方が、
入居者にとっても得です。



春の引越シーズン以外の引越を薦めます。
きっと、いい部屋が見つかりますよ。

[PR]
by toshinseikatu | 2018-02-14 14:01 | 都心賃貸住宅