タグ:四谷3丁目 ( 2 ) タグの人気記事
四谷3丁目と信濃町の間の平地に立つ小規模豪華マンション「信濃町ファインコート」303号室入居者募集


信濃町ファインンコート 303号 2DK が、
4月はじめに空室予定です。
4月下旬ごろの入居可能をめざす予定です。
(第1報)

引き戸を開ければワンルームとしても使用可能
東、北、西の部屋で、天窓あり。
安定した光が回る写真・映像にもむく部屋です。
クロスはほぼ白色です。 
スタジオタイプ・振り分けタイプ

四谷3丁目駅から徒歩5分、信濃町駅から徒歩7分。
神宮外苑、慶応大学病院のすぐ近く。
四谷の高台の平地。新耐震基準。標高約30m。


4月1日引越完了予定。4月下旬頃入居可能予定。


東京の真ん中、四谷では分譲マンションの建設ラッショです。
賃貸マンションの新築はほぼ満室になったようです。
新築は狭い部屋が中心、2DKは少ないと思います。

あちこちで分譲マンションを建設中です。
東京オリンピックに向けて国立競技場、日本青年館も建替え中。

2020年に東京オリンピックが開催されますが、
メイン会場である建設中の新国立競技場まで徒歩10分です。



四谷が交通が便利、生活が便利、緑が多い、スポーツ施設が充実、
都心の住宅地であり、
高台・平地の部分は標高約30メートルはあり、地盤が固い、
迎賓館・東宮御所近くの重点警備地区であり安全、

ということが評価されたと思います。


分譲マンションはよく売れるようです。

分譲マンションの一部が賃貸に流れます。


古いマンション、狭いマンションには空室があるようですが、
都心部の人気エリアだけに、
現在は2DK,1LDKの空室は極めて少ないと地元不動産会社から聞いています。
これから、3月末の退去者のあとに、ご入居いただける方を募集を始めるでしょう。




全東京の中で、山手線の真ん中に住むことの便利さを、一般の方も認識されるようです。
ワンルームや高額家賃や極端に古く新耐震基準でないマンションはかなり空きがありますが、
ある程度の年数がたっていても、
維持管理がしっかりしていて綺麗なマンションは
需要があります。




信濃町ファンコートはバブルになりかけたころに建設した、
当時としては最も豪華なマンションです。
当時の家賃は今の2倍近くしていました。


最近の新築マンションに比べても、お風呂の追い炊き機能がないぐらいで、それほど見劣りはしません。

構造は重量鉄骨コンクリート造り。外壁はアスロック(コンクリート版)。高層ビルと同じ構造。
外観は当時流行していた白タイル、1階ホールにはシャンデリア、吹き抜けもあります。
「ファインコート」と命名したのは大家・経営者で、うちが元祖、
その後に三井系の「ファインコート」があちこちにできるようになります。



現在供給されているのは、大規模高層マンションです。

「信濃町ファインコート」は
三井ホーム(都市開発事業部)がバブルのころに建設した
戸建仕様を活かした小規模な3階建ての豪華マンションです。


三井ホームは木造住宅、ツー・バイ・フォーのメーカーですが、
当時は鉄筋住宅、鉄骨住宅も手がけており、
特建事業部が都市開発事業部になり、現在はコンサルティグ事業部に引き継がれています。

ごく最近、屋上とバルコニーの防水工事を実施しました。

駐車場は空きがありませんが周囲にはあり、駐輪場は完備しています。





地元の経営者やしっかりとしたところに勤務している長期安定入居者が中心のマンションで、
空室ができて入居者を広く募集するのはしばらくぶりです。


経営者が地元出身ですので、入居者のことをよくわかっており、目が行き届いているマンションです。


ご案内、ご相談は、近隣の指定不動産会社か、
そこから情報を得ている広範囲の広告不動産会社へ。
お客様の手数料はどちらでも同じです。
サイトに大家が依頼している
近隣の不動産会社が記載してあります。

詳細は
信濃町ファインコート
のサイトをご覧ください。

http://21-civilization.com/finecourt/finecourt.html


[PR]
by toshinseikatu | 2017-03-11 16:32 | 都心賃貸住宅
四谷、信濃町、四谷三丁目はどのような人が住んでいるの?どのようなところなの?
四谷、信濃町、四谷三丁目あたりにはどのような人が住んでいるのでしょうか。

一言で答えれば、四谷は忙しく働く人の街です。

交通が便利、生活が便利だから、四谷(信濃町、四谷三丁目)に住まざるをえない人です。

たとえば、IT関係、金融関係、医師、弁護士、税理士、コンサルタント、マスコミ関係、写真映像関係、デザインなどでしょうか。

高学歴、高収入の方が多いですが、みなさん月月火水木金金のセブンイレブンの状態で働いている方が多いようです。勤務者にしても、自営業者にしても・・・

それならば金持ちしか住んでいないかと言うと、そうではありません。飲食業、サービス業などの中小企業に勤務する若い方も住んでいます。住んでいると言うよりも修行をしているのですね。

住宅は高級マンションもありますが、いまだに木造のアパートもあります。

飲食店は高級店もありますが、日常食べに行く飲食店が多いです。チェーン店よりも地元の店の方がおいしいですよ。全国チェーンが出店しても、同一業種で競争し、地元の店の方が勝つ場合が多いですね。具体的に述べるのは差しさわりがありますのでやめますが・・・・

四谷は地方や周辺部の資産家の東京別邸、都心別邸になるケースもあります。学習院の初等科、雙葉(ふたば)学園に子女を通学させるためや、慶應義塾大学医学部に通学させるためです。社長さんが地元と東京を行き来していることもあります。まれに通院するために慶應大学病院や東京女子医大病院の近くを希望するケースがあります。

地方の方は、新宿区というと、歌舞伎町や超高層ビル街のイメージが強く、住むところではない、危険な街と思われがちですが、新宿区でも新宿という名称がつくところとそれ以外では、まるっきり街の雰囲気が違います。表通りは地元の商店や会社が発展して建てたビルや店舗であり、裏通りは歴史と文化が受け継がれている閑静な住宅地です。

四谷は近くに東宮御所、迎賓館がありますので、マンションの大家も地元の不動産屋も、身元のはっきりしない人は居住させないようにしています。四谷警察署も一軒一軒巡回しています。四谷には交番が多くあり、警察官はかならずいます。四谷警察署の前には365日、24時間警察官が交代で立っています。街中に日本語、英語、中国語、ハングルで「110番通報を呼びかけるポスター」が貼られています。

新宿区は旧四谷区や旧牛込区などが合併してできた特別区です。牛込の名称は新しい人はあまり知らないでしょうが、その繁華街である神楽坂は今でも花柳界が残っています。四谷の人間は四谷、神楽坂の人間は神楽坂といい、新宿と一緒にされてはたまらないという意識があります。一方で旧淀橋は西新宿に、旧柏木は北新宿になりました。

四谷はバブルのときに地上げが激しく行われたところで、クリーニング屋に車を突っ込んだり、建設途中で中止された「バブルの塔」が有名です。現在では、その「バブルの塔」も住人が埋まり、地上げをした空地にもビルやマンションが建設されました。ミニバブルでしょうか、近くは高層のビル・マンションの建設ラッシュです。土地がありませんから、まだ持つのではないかと思われるビルを壊して高層ビル・マンションをたてるのです。そのような無茶をしても、高層ビルやマンションにすれば利益が出るのでしょう。ビルの下層階が店舗・事務所で上層階が分譲または賃貸のマンションになります。

都心回帰というのでしょうか、東京の真ん中、四谷の賃貸マンションは大幅に供給が増えています。地元の資本ではなく、大手企業が建設しています。

皆様もぜひ交通が便利、生活が便利、緑が多い、スポーツ施設が充実、有名小学校が近くにある四谷に住みませんか!

東京・四谷とその隣接する周辺の地域情報、リンク集はサイトの方にございます。


東京アーバンライフ(都心生活)[サイト]


[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-03 23:58 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報