職住接近、学住接近のメリット
バブルのころは地価が上がり、家賃も上がったため、都心に住むことができず、郊外に家を借りたり、買ったりせざるをえませんでした。

現在は地価も、家賃もバブルのころに比べれば大幅に低下しました

地方から上京されて、まず驚くことは朝夕の通勤ラッシュでしょう。慣れていないこともあり、体力消耗、グロッキーになるようです。

混雑の状態にもよりますが、本も読めないぐらいに混雑していることはざらですよ。

時間的にも、体力的にも、交通費の節約からも、会社や学校のそばに住んだ方が楽です。

都心部と郊外の家賃の差は少なくなってきており、また郊外でも東急や小田急や中央線沿線は高いので、都心部との家賃さがないところもあるようです。

職場については交通費については会社の補助があるでしょうが、通学の場合は全額負担になるでしょうから大学や専門学校に近い方がいいに決まっています。
大学が東京都心部から、一時期、郊外に移転しました。
郊外の大学であれば郊外に居住する方が便利でしょう。
ただし、いったん郊外に移転した大学も、大学院や一部施設を都心部に戻している大学もあります。




通学時間の分をバイトで稼げば、都心部の方が一般的に高額のバイトがあるので、元がとれますよ。学生のうちに就職したい業種のバイトで人脈をつくのも手ですね。


東京の生活は地方と比べ物にならないくらい夜が遅いのです。終電や終バスに関係なく仕事や勉強やつきあいをやりたいものですね。

東京らしい生活が楽しめるのはやはり都心です。

都心に企業も店舗も集中していますから刺激になりますよ。都心回帰は急速に起こっています。都心に住むことは、時間の節約だけでなく、バイトをすれば経済的にも節約になるでしょう。

家賃の差以上に交通費の差、バイト収入の差はあるはずです。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
# by toshinseikatu | 2011-08-11 19:22 | 都心生活
今は春と違い、希望場所、希望物件が空いている可能性がある
秋の結婚シーズン、引越しシーズンです。
2~3月に比べると、引越しされる方はかなり人数が少ないのですが、
真冬や真夏に比べると多いですね。


2~3月にいい場所、いい部屋を見つけられた場合はそこに居住し続ければいいのですが、我慢をして決めた場合は、
今ではいい場所、いい部屋が空いている可能性があります。
 
地方から上京されて東京に住んだ人も、周辺部に居住している場合は、東京のラッシュアワーのすごさを身にしみている頃だと思います。
終電、終バスに乗り遅れたことはありませんか。
タクシー代、ホテル代が予想外の出費でしょ。


東京に数年は居住する場合、この秋から冬にかけて、都心部でより生活が便利、交通が便利のところに住み替えるのも、一案であると思います。

最近は、都心回帰のためか、東京の四谷については10万円台の2DK、2LDKの空室が少なくなりつつあります。20万円以上の広めの高額物件も決まってはいますが、空きもあります。

インターネットでは空室があっても、複数の不動産屋さんが同一物件を掲載していたり、すでに契約したものについても、集客のために抹消しない場合もあるのです。

照会してみると、「その物件はつい先日きまったばかり、そこよりこちらの方がいいですよ」と場所や価格を誘導されることがあります。注意をしましょう。

マンションは同一のものはありません。場所、間取り、階数、方角・・・すべて違うのです。
たまに同一マンションで複数戸あいている場合もありますが、それでも階数や方角などどこか違うところがあるでしょう。

東京の四谷の場合は、2~3月は2DK や2LDKは一時的に物件がなくなりますから、2~3月に希望通りの部屋を確保するのは至難です。しかし、秋から冬にかけては空室があります。同一の部屋でも需要と供給の関係から、秋から冬にかけては安めに家賃設定しています。
ワンルームや1DKは新築物件が多すぎて供給過剰なため、築年数のたっている古い物件、新築の狭い高額物件などを中心に、年間を通じて空室があります。



インターネットの情報はあくまで目安であり、

希望物件がある不動産屋さんに早めに行って、案内をしてもらい、自分でマンションを決めましょう。

日々刻々と状況は変化しています。

このブログの関連サイトである

「東京アーバンライフ」(都心生活)


の方にもぜひお越しください。東京・四谷とその周辺の地域ガイドおよび地元不動産会社の情報を掲載しています。
[PR]
# by toshinseikatu | 2011-08-11 18:58 | 都心賃貸住宅
四谷3丁目、四谷三丁目、信濃町、四谷、四ツ谷のマンション・アパートの特徴
東京の都心部は古くから住宅地になっていた所です。
都心部のマンション・アパートがすべて高いと言うのは誤りです。

超高級の新築マンションもありますが、築年数が経っているマンションならば、新築が過剰供給されているので、それに対抗するために家賃を低めに設定しています。
郊外の人気エリアとほぼ同じぐらいの家賃ではないでしょうか。
郊外に住むのに比べて交通費分得します。


地元の飲食店がおいしいので強いのですが、全国チェーンの飲食店も出店していますから、都心としては物価が安い所です。客が少なく、経営がたいへんですが、銭湯がまだ残っています。

四谷は都心部としては物価が安く、住みやすい地域です。

四谷3丁目、四谷三丁目、信濃町、四谷、四ツ谷のマンション・アパートの特徴は次のとおりです。

高級マンションから木造賃貸アパートまで家賃の差がある物件があります。


部屋のタイプはきわめて豊富、場所柄さまざまな用途に最適なタイプの部屋があります。 

開き戸を占めれば2DK、開き戸をあければスタジオとして使用できるようなタイプ
吹き抜けの部屋の中に階段があるような2階建ての住居
マンションの入り口にシャンデリア、吹き抜けがあるマンション
洋室と日本間と小さな日本庭園つきの住居
ペット相談、ピアノ相談、事務所・SOHO相談
駐車場が2台確保できるマンション
など・・


賃貸住宅はタイミング。このようなマンションが居住中で入居できない場合もあります。

東京の真ん中、四谷に住みませんか、四谷で仕事をしませんか!
どこに行くのも便利、どこから来るのも便利です!
四谷はSOHOに最適な場所です。 
医者・弁護士・税理士・IT・金融・マスコミ・映像・デザイン・芸能関係など、お仕事で忙しい方が多数居住したり、営業したりしています。
24時間営業のスーパーあり、深夜営業の飲食店多数、コンビニ多数。表通りに出ればタクシーの空車がすぐ来る、女性が深夜も安心して歩ける街です。



事務所では、弁護士事務所、デザイン事務所、写真・映像・芸能関係、IT関係、各種業界団体など、小規模事務所・SOHOに最適な地域です。


表通りのビルにも空室はありますが、小規模事務所・SOHOの場合で、家賃を節約するには、裏通りの賃貸マンションで事務所相談の物件が狙い目です。

独身用のワンルーム・1DKなど小さな部屋は空室が目立ちます。

地方出身の若い方が四谷のことを知らないことと、新しいマンションができすぎて供給過剰・過当競争のためと思われます。

国立競技場・神宮外苑があるところに住みませんか。

新宿といえば歌舞伎町で危険というイメージがありますが、新宿と四谷は近くても雰囲気がまるっきり違います。
四谷は新宿区ですが、新宿ではなく四谷です。
神楽坂も新宿区ですが、新宿ではなく、神楽坂です。 


四谷のマンション・アパートのオーナー・地元不動産会社は身元のしっかりした人を選んでいます。
四谷警察署・四谷防犯協会は協力して地域の安全に取り組んでいます。
日本語、英語、中国語、ハングルで防犯ポスターが多数掲示しています。
自分たちのためでもありますが、東宮御所や迎賓館の前ですから。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
# by toshinseikatu | 2011-08-11 18:30 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
東京の夜は遅い、深夜でも帰れる街に住もう
地方に行くと中心部でも飲食店や商店が閉まるのが早いですが、東京都心部の繁華街の夜は遅いですよ。

東京の都心部にある一流企業に勤務しているエリートであれば、深夜まで残業のことも多々あるでしょう。

終電や終バスの心配をしていたら、仕事になりません。上司や先輩、取引先より早く帰ることはできません。

東京の場合は車で通勤することはほとんどの企業で無いと思われます。まして酒を飲んだら絶対に運転してはいけません。
したがって

公共交通が便利で、イザというときにはタクシーでも帰ることができるところに居住しましよう。

家賃の差だけでなく、交通費の差を考えましょう。

理想としては、東京の都心部、山手線の内側で、交通が便利で、家賃が安いところを狙うべきです。

山手線の内側では青山、赤坂、六本木あたりが最も家賃が高く、北部は家賃が安いのです。

家賃相場はイメージ、ネームバリューによるところが大きく、港区青山・渋谷区神宮前は高額です。

ところが、隣接している新宿区四谷の家賃相場は周辺部に比べれば高いのですが、港区青山、渋谷区神宮前に比べれば安いです。

吉祥寺、下北沢、明大前など周辺部の人気エリアと四谷の家賃はそれほど差がありません。

新宿区四谷は既存のビル・マンションを建て替えて、多くのマンションが供給されていますので、物件も豊富です。ただし、3月4月には一時的に満杯で物件不足になります。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
# by toshinseikatu | 2011-08-11 18:07 | 都心生活
日常的にタクシーを利用している東京・四谷の「都会人」
東京の都心部に居住する都会人は日常的にタクシーを利用しています。

地方居住している方は車がない生活は考えられないと思います。

東京の都心部、四谷あたりに居住している方は、運転免許を持っていても、仕事で使用せざるをえない方を除き、自家用車を保有しませんね。
月ぎめ駐車場があいていて、住宅以上にうまらないのです。


交通が便利で車はいらない。四谷の全地域で駅まで徒歩10分以内です。
酒を飲むと車を運転することができない。
行き先が繁華街の場合、駐車場を探すのに時間がかかる。

近くはタクシー、遠くは鉄道を利用するのがもっとも速く移動できる方法。
四谷の大通りであれば、場所にもよるが、2~3分で流しのタクシーがきます。
四谷から主要ターミナルまでのタクシー代は千円から二千円ぐらい。(新宿は千円以内)


自家用車を保有して自分で運転するよりも、
日常的にタクシーを利用するほうが、
楽だし、便利だし、なによりも安上がりなのです。

[PR]
# by toshinseikatu | 2011-08-11 18:00 | 都心賃貸住宅
埼玉西南部 多くの店が閉店し商品も少ない
埼玉西南部、乾電池もガソリンも食糧も買い占めているのではなく、本当にないのです。
もちろん、売れていない商品もありますので、全体的には商品が少ないと言うのが正確でしょう。



私の仕事は東京都心部です。




第二の人生になってから、居住は埼玉県の西南部にある「緑と清流の街」です。




東北・関東大震災の直後は、日本全体からすれば東北の一部、

自分の生活が一変するとは夢にも思っていませんでした。




事実、地震の翌日には、東京都心に行き、被害がほとんどないことを確認しました。




自分にできることは何か、できるだけ援助をしようとしています。










東京電力の「計画停電」で、生活は一変しました。




今週は1日も東京へ行っていません。

電車が不通だからです。

朝、無理して東京に行っても、夜帰ってこれるかわかりません。




私だけでなく、埼玉の西南部、西武鉄道沿線の人はほぼ全員同じ状況です。




西武池袋線が小手指(所沢市)までしか動きません。




西武新宿線は田無までしか動きません。




八高線・川越線は連日、終日ストップしています。



電車が連日全く、あるいはごく短時間しか動かず、

もともとバス路線はあまりなく、

本数も都会にくらべて非常に少ないのです。



航空自衛隊があり住宅地でもある入間市、

ホンダの工場がある狭山市、

工場は少ないものの自然の中での住宅地である飯能市や日高市など

電車が動かずまったく東京に通勤ができません。



埼玉西南部の地盤はしっかりしており、

地震の影響はほとんど受けなくてすみました。

ありがたいことです。



しかし、交通手段が自家用車しかなく、

ガソリンが売り切れでまったくありません。



電池は売っておらず、

私は夜の計画停電のときは、パソコンの液晶画面が頼りです。

パソコンで仕事をしているのではなく、液晶画面が電灯がわりなのです。




食糧も皆が不安になり、調理をしなくてもいいものは売り切れています。




ホームセンター・デパート・スーパーなど多くの店が閉店しています。

良心的なスーパーは開店していますが、商品の入荷がありません。



これが日本かと思うくらい、店は閉店し、物がありません。

国民は不安になるから、買いだめに走ってしまい、

商品がないから買いだめをせざるをえない悪循環です。



電車が止まるから、通勤のためにやむをえず、

普段は自家用車に乗らない人でも自家用車で出勤をしています。

そうすればますますガソリンはなくなります。

入間市・飯能市などでは、ガソリンがほとんど売っていません。



被災地の救援は重要です。

このような状態でも、被災地の皆様に比べれば、恵まれています。

被災していない地域は協力して堪え忍ぶ必要があります。




しかし、被災していない地域の経済活動が

長期間にわたってストップしてしまったり、

「埼玉都民」という言葉がありますが、

ベットタウンから東京への通勤が不可能になると、

日本全体の経済活動が停滞してしまいます。



株式市場も暴落したようです。

未曾有の大震災、福島原子力発電所の深刻な危機、

それらを乗り切るためにも、

日本全体の目気張りと舵取りを

政府は行わなければなりません。
[PR]
# by toshinseikatu | 2011-03-16 21:49
計画停電に思うこと
東京電力は原子力発電を押しすすめ、
安全性を強調していました。


今回は大地震が原因ではありますが、
原子力発電所が危険であることに変わりはありません。


日本は唯一の被爆国であり、
できる限り原子力発電に依存しない技術を開発してほしいと
私は考えています。



「計画停電」といえば、
一見公平に思いますが、
実際には都心は停電にならず、
東京23区以外の地域を
計画的に停電させるものです。



私は、東京と埼玉を行き来しています。
都心には都心の良さがあり、
「緑と清流」がある、
郊外には郊外のよさがあります。


いつ電車が止まるか、全くわからないと、
長距離歩くことが困難な私は、
都心に通勤できません。



「計画停電」と言うならば、
公共性のある鉄道や病院や
食料品などを生産する工場や店舗を
除外するべきだと思います。


現在、自家用車とバス・タクシーが動いてはいますが、
いつまでガソリンが供給できるのでしょうか。
公共交通がもっとも省エネになるはずです。

[PR]
# by toshinseikatu | 2011-03-14 22:12 | 都心生活
スタジオ機能がある賃貸マンションこそ「スタジオタイプ」です
賃貸マンションで早い話が広めのたんなるワンルームを「スタジオタイプ」とよぶ場合があります。

しかし、マンションの中には、数は非常に少ないですが、自然光の採光、白色に近い壁紙、部屋の仕切りを開くことができる、電気容量が大きく、光ファイバーを使用したデーター転送ができる、

名実ともに「マンションスタジオ」もあります。

スタジオには写真・映像用のスタジオと音楽用のスタジオがあります。写真・映像用のスタジオには、ほぼ長方形のホリゾントのスタジオとハウススタジオがあります。自宅マンションを改造したり、スタジオ機能があるマンションを借りる場合に可能なのは「ハウススタジオ」です。


「ハウススタジオ」とは、写真やビデオの撮影を目的として建築された戸建住宅で、外観・内装・家具などのデザインがしゃれており、天窓など自然光による採光が工夫され、壁紙は白色が基本となっています。同時録音ができるところは、二重窓などによる防音設備があります。さらに照明設備やインターネット環境も充実している必要があり、今では光ファイバーが引くことができなければなりません。


このような設備がある本格的なスタジオですと建築費も高額です。通常は日単位・時間単位で借りますが、1時間あたりのレンタル料は高額になります。

このような設備がない一戸建てやマンションの一室をスタジオとして使用することもあります。

最近はデジタルカメラなので、大型ストロボではなく蛍光灯でもホワイトバランスを調整すれば写ります。問題はカメラの引きの距離と部屋の天井までの高さです。天井は高いに越したことはありませんが、立って天井まで多少の余裕があれば、なんとかなります。

なんとかならないのはカメラの引きであり、無理をして広角レンズを使用すると画像がゆがみますから、部屋の仕切りをとったり、開いてあけることができることが必要です。

カメラマンにとって本格的な撮影は設備がしっかりとしており、スタジオマンもいるスタジオを借りるべきですが、

借りている自宅マンションでも、スタジオ機能に配慮したマンションであれば、かなり撮影ができます。


モデル・アイドル・女優とその卵、ひよこにとっては、ポーズや演技の練習を自宅で行い、写真の撮影もできると便利です。

宣材の写真、ブックの写真など、自宅で衣装を着替えて、メークをして、写真も撮影しましょう。

四谷は各放送局や主要劇場や新宿・渋谷のロケバスの出発地に近くて交通が便利です。
四谷は都心部としては大規模なスーパーや日常使える飲食店が深夜営業しています。
迎賓館・東宮御所に近いこともあり、警察と地元が協力して防犯をしています。


このブログの関連サイトである

「東京アーバンライフ」(都心生活)



の方にもぜひお越しください。東京・四谷とその周辺の地域ガイドおよび地元不動産会社の情報を掲載しています。

「スタジオ」としても使えるマンションの入居者を募集中のマンションがあります。

お問い合わせは、上記サイトの下部に掲載している不動産会社にどうぞ。

居住用のマンションであり、撮影会は不可、アダルト撮影厳禁とのことです。
光ファイバーは接続可能、SOHOは相談とのことです。
防音設備はなく、同時録音は不可能です。
近隣に本格的なスタジオがいくつもあります。

[PR]
# by toshinseikatu | 2011-02-02 15:54 | スタジオ使用可能マンション
副都心線開業で四谷三丁目がますます便利に
副都心線の開業で四谷三丁目がますます便利になりました。

昨年の6月に東京メトロ副都心線が開業しました。



副都心線の急行は、渋谷駅東口、新宿三丁目伊勢丹前、池袋駅西口をノンストップでつないでいます。

埼京線の渋谷駅は恵比寿方向に歩かなければなりませんし、新宿駅も代々木方向に歩く必要があります。そのてん、副都心線は繁華街の真下ですから便利です。
ただし、地下深くですから、エスカレーターやエレベーターはありますが、ホームまで時間がかかるのは止むえませんね。


確かに地上に出るのはたいへんなんですが、地下鉄同士の乗り換えは意外に楽ですね。エスカレーターか階段で直接結ばれています。


副都心線の開業で、もっとも便利になったのは、新宿三丁目周辺です。

新宿三丁目駅の丸の内線と副都心線の乗り換えは、専用階段(副都心線から丸の内線の上りのみエスカレータあり)で瞬く間です。

以前は、東京メトロ丸の内線、都営新宿線以外はJRか、私鉄の新宿駅まで歩く必要がありました。
渋谷と池袋にはバス(かなり以前はトロリーバスが走っていました)はあり、歩かずに繁華街の真ん中にいけるのですが、交通渋滞に巻き込まれて、時間がかかりました。



新宿三丁目は繁華街で住宅地ではありません。
新宿二丁目にはマンションがありますが、どのような場所か説明しなくてもご存知ですよね。


住宅地として最適なのは、四谷三丁目周辺、とくに新宿通りより南側です。

南が神宮外苑、東が東宮御所・迎賓館、西が新宿御苑、北が新宿通りの商店街に囲まれた一帯が、交通が便利で住環境がよい場所です。

北側に四谷三丁目駅、南側にJR信濃町駅・都営大江戸線国立競技場前駅、東側に四ッ谷駅、西側に新宿御苑前駅があります。

四谷三丁目駅から、新宿、赤坂、霞ヶ関、銀座、丸の内は丸の内線でもとから便利でした。

このたび、副都心線の開通により、渋谷、外苑前・原宿、池袋に行くのが速く、楽に行けるようになりました。

東京の真ん中、四谷に住みませんか。
東京の真ん中、四谷で仕事をしませんか。


四ッ谷駅のある四谷見附、四谷一丁目から四谷大木戸、四谷四丁目(サンミュージックが交差点のところにあります)あたりまでの新宿通りをはさんだ南北の地域を四谷といいます。

広義には旧四谷区全体、新宿も旧四谷区の一部で、今でも四谷警察署、四谷消防署、四谷税務署の管内です。

西新宿は淀橋、北新宿は柏木、東新宿はおそらく大久保か角筈が旧地名だと思います。

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
# by toshinseikatu | 2009-02-03 08:45 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
上智大学の先生・学生さん 大学のそばに住みましょう。
上智大学の先生や学生(そのご両親)の皆さん、大学の近くに住みませんか。

通勤・通学の交通費と通勤・通学時間を考えれば、東京の四谷に住むのがお得です。

ただし、大学のある千代田区側は家賃が高く、新宿区側も四ッ谷駅のすぐそば、若葉一丁目は高いのです。

ねらい目は新宿区の四谷から新宿より、四谷三丁目、信濃町、曙橋あたりです。

大学から徒歩10分から15分ぐらいの距離です。ちょうどよいでしょ。

昔は信濃町に「清泉寮」という上智大学の女子寮がありました。

表通りが商店街、裏通りが住宅街です。この近辺は、昭和の時代からアパートやマンションがあったところです。

バブルの時代に建て替わり、現在も高級マンションに建て替えがすすんでいますが、それでも木造賃貸アパート、比較的年数が経過したマンションが残っています。

最近は新宿区の条例により、ある一定規模以上のビルを建てると、一定割合はかならず住宅にせざるをえませんので、

ワンルームマンション・1DKが非常に多く建築されています。

賃貸住宅の入居者は、便利さを求めて郊外から都心回帰しているものの、それでも空室が増加し、過当競争から家賃相場も低下し、下げ止まりの状況です。周辺部に比べれば地価が高く、税金が高いため、家賃も高いのですが、

都心部としては安く、周辺部よりは高いのですが、周辺部との家賃の差はかなり縮まっています。

四谷三丁目の飲食店は安くておいしいです。四谷地区の中心は四谷三丁目なのです。新宿通りと外苑東通りとの交差点ですが、その周辺には地元の店と全国チェーンの店が混在しており、競争も厳しいが来店客も多いので、安くておいしい店がたくさんあるのです。

四谷三丁目周辺はマンション、アパートも多い場所で、新築の高級高層マンションもありますが築年数が経っているマンションや木造賃貸アパートも多く、同一地域で家賃の差はかなりあります。築年数が経っていてもリフォームをしているところは綺麗です。

東京四谷は交通の便がいいところで、
地方資産家の東京別邸
としての使用もされています。

ご子息、ご令嬢を住ませて、ご両親が東京の官庁や取引先に行かれる方もおります。
そのような方は2DKや1LDKなど広めの部屋を借りています。


はじめから上智大学のそばに住むのは家賃が高くて無理だと決め付けないほうがいいですよ。四谷には安い賃貸住宅もたくさんあります。

山手線の中心部で交通が便利、生活が便利、都心の割には緑が多い、スポーツ施設が充実、迎賓館・東宮御所に近いため、地域をあげて防犯ポスターを掲示して防犯運動に取り組んでいる東京の四谷地区(不動産会社は四谷三丁目にある)で住居を探してみませんか。

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
# by toshinseikatu | 2009-02-03 08:41 | 上智大学