<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
四谷3丁目と信濃町の間の平地に立つ小規模豪華マンション「信濃町ファインコート」303号室入居者募集


信濃町ファインンコート 303号 2DK が、
4月はじめに空室予定です。
4月下旬ごろの入居可能をめざす予定です。
(第1報)

引き戸を開ければワンルームとしても使用可能
東、北、西の部屋で、天窓あり。
安定した光が回る写真・映像にもむく部屋です。
クロスはほぼ白色です。 
スタジオタイプ・振り分けタイプ

四谷3丁目駅から徒歩5分、信濃町駅から徒歩7分。
神宮外苑、慶応大学病院のすぐ近く。
四谷の高台の平地。新耐震基準。標高約30m。


4月1日引越完了予定。4月下旬頃入居可能予定。


東京の真ん中、四谷では分譲マンションの建設ラッショです。
賃貸マンションの新築はほぼ満室になったようです。
新築は狭い部屋が中心、2DKは少ないと思います。

あちこちで分譲マンションを建設中です。
東京オリンピックに向けて国立競技場、日本青年館も建替え中。

2020年に東京オリンピックが開催されますが、
メイン会場である建設中の新国立競技場まで徒歩10分です。



四谷が交通が便利、生活が便利、緑が多い、スポーツ施設が充実、
都心の住宅地であり、
高台・平地の部分は標高約30メートルはあり、地盤が固い、
迎賓館・東宮御所近くの重点警備地区であり安全、

ということが評価されたと思います。


分譲マンションはよく売れるようです。

分譲マンションの一部が賃貸に流れます。


古いマンション、狭いマンションには空室があるようですが、
都心部の人気エリアだけに、
現在は2DK,1LDKの空室は極めて少ないと地元不動産会社から聞いています。
これから、3月末の退去者のあとに、ご入居いただける方を募集を始めるでしょう。




全東京の中で、山手線の真ん中に住むことの便利さを、一般の方も認識されるようです。
ワンルームや高額家賃や極端に古く新耐震基準でないマンションはかなり空きがありますが、
ある程度の年数がたっていても、
維持管理がしっかりしていて綺麗なマンションは
需要があります。




信濃町ファンコートはバブルになりかけたころに建設した、
当時としては最も豪華なマンションです。
当時の家賃は今の2倍近くしていました。


最近の新築マンションに比べても、お風呂の追い炊き機能がないぐらいで、それほど見劣りはしません。

構造は重量鉄骨コンクリート造り。外壁はアスロック(コンクリート版)。高層ビルと同じ構造。
外観は当時流行していた白タイル、1階ホールにはシャンデリア、吹き抜けもあります。
「ファインコート」と命名したのは大家・経営者で、うちが元祖、
その後に三井系の「ファインコート」があちこちにできるようになります。



現在供給されているのは、大規模高層マンションです。

「信濃町ファインコート」は
三井ホーム(都市開発事業部)がバブルのころに建設した
戸建仕様を活かした小規模な3階建ての豪華マンションです。


三井ホームは木造住宅、ツー・バイ・フォーのメーカーですが、
当時は鉄筋住宅、鉄骨住宅も手がけており、
特建事業部が都市開発事業部になり、現在はコンサルティグ事業部に引き継がれています。

ごく最近、屋上とバルコニーの防水工事を実施しました。

駐車場は空きがありませんが周囲にはあり、駐輪場は完備しています。





地元の経営者やしっかりとしたところに勤務している長期安定入居者が中心のマンションで、
空室ができて入居者を広く募集するのはしばらくぶりです。


経営者が地元出身ですので、入居者のことをよくわかっており、目が行き届いているマンションです。


ご案内、ご相談は、近隣の指定不動産会社か、
そこから情報を得ている広範囲の広告不動産会社へ。
お客様の手数料はどちらでも同じです。
サイトに大家が依頼している
近隣の不動産会社が記載してあります。

詳細は
信濃町ファインコート
のサイトをご覧ください。

http://21-civilization.com/finecourt/finecourt.html


[PR]
by toshinseikatu | 2017-03-11 16:32 | 都心賃貸住宅
ゴールデンウイークこそ都心のいいマンションに入居するチャンス。今から探して入居申し込みをしましょう。
ゴールデンウイークこそ、
都心のいいマンションに引越しするチャンスです。

今から探して入居申し込みをしましょう。



誰もが引っ越しをする3月。

3月は、引っ越しをする人、つまり入居者と退去者が重なってしまい、空室のマンションが一時的になくなり、

立地がよく、設備がよく、家賃が世間相場に比べて安いマンションはなくなってしまいます。

どうしても、都心の便利な地域、住宅環境のいいマンション、設備が整っているマンション、家賃が世間相場並みかやや安いマンションから

申し込みがあり、埋まりますので、3月中はいいマンションほど満室御礼なのです。



しっかりリフォームをして、入居募集をするマンションは、退去から入居可能日まで、どんなに急いでも、2~3週間ぐらいかかってしまいます。

従って、3月末の退去の場合、リフォーム期間と募集期間を合わせれば、4月下旬になってしまいます。

2月時点、3月上旬では、入居中のマンションであっても、4月中旬から下旬にかけて空室になり、4月上旬ぐらいから入居募集情報が出回ります。


4月になりますと、
都心の便利な地域、
住宅環境のいいマンション、
設備が整っているマンションなど、
入居者が探している、入居者にとってお得なマンションが
空室となり、入居者募集となります。


家賃についても、2月頃は、経営者も強気ですが、低めの家賃設定をするようになります。
ただし、入居基準については、経営者の経営方針であり、問題入居者を入居させてしまうと後が大変ですので、緩和されることはないでしょう。



次に、賃貸マンション供給の事情ではなく、入居者の事情を考えてみましょう。

現在は、勤務時間が長く、不規則な仕事が多くなりました。

郊外から満員電車で通勤するとクタクタです。

ターミナルから最寄り駅までの時間がかかる場合、最寄り駅からバスを利用する場合、通勤に時間がかかります。

とくにバスを利用する場合、終バスが早ければ、タクシーを利用したり、誰かに送り向かいを依頼しなければなりません。



現在は、どこの鉄道でも、有料特急や座席指定車両が、増加する傾向にあります。

会社の通勤費については、1ヶ月分の定期券が支給されることが一般的と思われ、特急料金や座席指定料金は自腹になってしまうでしょう。

タクシーを利用した場合、勤務先や勤務先での地位によるでしょうが、これも自腹になってしまうでしょう。


家賃だけでなく、家賃と交通費の合計で比較するべきだし、
さらには家賃と交通費と通勤時間の時給で比較するべきなのです。



日本の社会では、会社の事情に合わせて残業ができる、
会社が終わってからも、会社内外の飲み会に行き、さまざまな人に出会い交流することが、
非常に重要です。




職業が安定して、賃貸マンションではなく、郊外にマイホームを取得するのもいいのですが、
まだ自分の進路が決まっていない時期は、会社の住宅費補助を利用して、
できるだけ会社に近い都心部に居住する方が、人生の選択として賢いと思います。


会社の中で、あとはよろしくと、部下に任せて帰れる身分、
子供が高校生から大学生になるころは、
郊外の一戸建てを購入して、充実した人生を送るのもいいでしょう。

ものすごく忙しい職業、任せられる立場、実務の中心の立場、
そのような職業や立場の場合は、
都心部の賃貸マンションで生活することをすすめます。


都心部は家賃が高いと思われていますが、
たしかに坪当たりの家賃は地価や固定資産税が高いために郊外より高くせざるをえませんが、
築年数、日当たり、設備、周辺環境など、ピンからキリまであり、
場所と設備を考えれば、都心と郊外の差はそれほどありません。

閉店間際のデパ地下、大安売りをしていますから、食料品はいいものが安く買えます。


勤務先との距離と時間が、人生を効率的に切るために、極めて重要です。
勤務先の近くに居住すれば、通勤疲れがありませんし、時間を有効に使えます。
会社内でも任される人間になることです。
仕事が充実していて、家庭が楽しく、通勤時間が短く楽ならば、疲れません。

5月のゴールデンウイークに、
勤務先に近い、都心部への引っ越しを
することをすすめます。




[PR]
by toshinseikatu | 2017-03-11 15:31 | 都心生活