<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
副都心線開業で四谷三丁目がますます便利に
副都心線の開業で四谷三丁目がますます便利になりました。

昨年の6月に東京メトロ副都心線が開業しました。



副都心線の急行は、渋谷駅東口、新宿三丁目伊勢丹前、池袋駅西口をノンストップでつないでいます。

埼京線の渋谷駅は恵比寿方向に歩かなければなりませんし、新宿駅も代々木方向に歩く必要があります。そのてん、副都心線は繁華街の真下ですから便利です。
ただし、地下深くですから、エスカレーターやエレベーターはありますが、ホームまで時間がかかるのは止むえませんね。


確かに地上に出るのはたいへんなんですが、地下鉄同士の乗り換えは意外に楽ですね。エスカレーターか階段で直接結ばれています。


副都心線の開業で、もっとも便利になったのは、新宿三丁目周辺です。

新宿三丁目駅の丸の内線と副都心線の乗り換えは、専用階段(副都心線から丸の内線の上りのみエスカレータあり)で瞬く間です。

以前は、東京メトロ丸の内線、都営新宿線以外はJRか、私鉄の新宿駅まで歩く必要がありました。
渋谷と池袋にはバス(かなり以前はトロリーバスが走っていました)はあり、歩かずに繁華街の真ん中にいけるのですが、交通渋滞に巻き込まれて、時間がかかりました。



新宿三丁目は繁華街で住宅地ではありません。
新宿二丁目にはマンションがありますが、どのような場所か説明しなくてもご存知ですよね。


住宅地として最適なのは、四谷三丁目周辺、とくに新宿通りより南側です。

南が神宮外苑、東が東宮御所・迎賓館、西が新宿御苑、北が新宿通りの商店街に囲まれた一帯が、交通が便利で住環境がよい場所です。

北側に四谷三丁目駅、南側にJR信濃町駅・都営大江戸線国立競技場前駅、東側に四ッ谷駅、西側に新宿御苑前駅があります。

四谷三丁目駅から、新宿、赤坂、霞ヶ関、銀座、丸の内は丸の内線でもとから便利でした。

このたび、副都心線の開通により、渋谷、外苑前・原宿、池袋に行くのが速く、楽に行けるようになりました。

東京の真ん中、四谷に住みませんか。
東京の真ん中、四谷で仕事をしませんか。


四ッ谷駅のある四谷見附、四谷一丁目から四谷大木戸、四谷四丁目(サンミュージックが交差点のところにあります)あたりまでの新宿通りをはさんだ南北の地域を四谷といいます。

広義には旧四谷区全体、新宿も旧四谷区の一部で、今でも四谷警察署、四谷消防署、四谷税務署の管内です。

西新宿は淀橋、北新宿は柏木、東新宿はおそらく大久保か角筈が旧地名だと思います。

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
by toshinseikatu | 2009-02-03 08:45 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報
上智大学の先生・学生さん 大学のそばに住みましょう。
上智大学の先生や学生(そのご両親)の皆さん、大学の近くに住みませんか。

通勤・通学の交通費と通勤・通学時間を考えれば、東京の四谷に住むのがお得です。

ただし、大学のある千代田区側は家賃が高く、新宿区側も四ッ谷駅のすぐそば、若葉一丁目は高いのです。

ねらい目は新宿区の四谷から新宿より、四谷三丁目、信濃町、曙橋あたりです。

大学から徒歩10分から15分ぐらいの距離です。ちょうどよいでしょ。

昔は信濃町に「清泉寮」という上智大学の女子寮がありました。

表通りが商店街、裏通りが住宅街です。この近辺は、昭和の時代からアパートやマンションがあったところです。

バブルの時代に建て替わり、現在も高級マンションに建て替えがすすんでいますが、それでも木造賃貸アパート、比較的年数が経過したマンションが残っています。

最近は新宿区の条例により、ある一定規模以上のビルを建てると、一定割合はかならず住宅にせざるをえませんので、

ワンルームマンション・1DKが非常に多く建築されています。

賃貸住宅の入居者は、便利さを求めて郊外から都心回帰しているものの、それでも空室が増加し、過当競争から家賃相場も低下し、下げ止まりの状況です。周辺部に比べれば地価が高く、税金が高いため、家賃も高いのですが、

都心部としては安く、周辺部よりは高いのですが、周辺部との家賃の差はかなり縮まっています。

四谷三丁目の飲食店は安くておいしいです。四谷地区の中心は四谷三丁目なのです。新宿通りと外苑東通りとの交差点ですが、その周辺には地元の店と全国チェーンの店が混在しており、競争も厳しいが来店客も多いので、安くておいしい店がたくさんあるのです。

四谷三丁目周辺はマンション、アパートも多い場所で、新築の高級高層マンションもありますが築年数が経っているマンションや木造賃貸アパートも多く、同一地域で家賃の差はかなりあります。築年数が経っていてもリフォームをしているところは綺麗です。

東京四谷は交通の便がいいところで、
地方資産家の東京別邸
としての使用もされています。

ご子息、ご令嬢を住ませて、ご両親が東京の官庁や取引先に行かれる方もおります。
そのような方は2DKや1LDKなど広めの部屋を借りています。


はじめから上智大学のそばに住むのは家賃が高くて無理だと決め付けないほうがいいですよ。四谷には安い賃貸住宅もたくさんあります。

山手線の中心部で交通が便利、生活が便利、都心の割には緑が多い、スポーツ施設が充実、迎賓館・東宮御所に近いため、地域をあげて防犯ポスターを掲示して防犯運動に取り組んでいる東京の四谷地区(不動産会社は四谷三丁目にある)で住居を探してみませんか。

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
by toshinseikatu | 2009-02-03 08:41 | 上智大学
四谷・信濃町・四谷三丁目の2DKや2LDKの賃貸マンションは3月・4月には空室が少なくなります。
四谷・四谷三丁目・信濃町のファミリータイプの2LDKや2DKの賃貸マンションは、例年3月には空室がなくなります。

ワンルームや1DKは、選ばなければ3月・4月でも、おそらく入居が可能と思われます。

しかし、ファミリータイプの2LDKや2DKは、例年3月はお手ごろの価格帯のマンションは空室がなくなり大騒ぎをします。
やむをえず別の地域で決めるケースがあります。
大規模マンション建設により供給が増加していますが、それでも一時的に3月は空室が少なくなります。


それは、3月末に四谷のマンションの入居者と退去者が重なる季節要因によります。

1.慶應義塾大学病院の医師の転勤時期が4月末から3月末に早まりました。

2.大企業勤務者の転勤時期は3月下旬です。

3.学習院の初等科・雙葉(ふたば)学園の入学時期は4月上旬です。

リフォームする期間もありますので、5月以降は空室が増えます。
その後、季節に関係ない自営業者の方が入居されます。



四谷に住む予定の皆様、四谷・信濃町・四谷三丁目の2DKや2LDKについては、2月中に探して契約をしませんと住環境、設備、お手ごろの価格のマンションには入居できません。

3月には、おそらく例年どおり空室が少なくなるでしょう。四谷・四谷三丁目・信濃町のお手ごろの価格帯のマンションに住むことは不可能になります。

賃貸マンションの家賃設定は、建築費・借入返済額・税金・経費によっても決まりますが、需要と供給のバランスによっても決まります。同じマンションの同じ部屋であっても、付近に空室が多く決まりにくいとなれば、利益がでなくても家賃を下げざるをえないですし、逆に空室が少なくてある程度の家賃でも決まりそうであれば、利益がでる家賃に設定します。

需要と供給により家賃相場は決定します。
秋から冬にかけてと真夏は低めの家賃になります。
空室にするよりは家賃を下げても入居してもらった方が得ですから・・・


四谷・四谷三丁目・信濃町の2DKや2LDKで、設備がある程度充実した、お手ごろ価格のマンションをお探しの場合は、1月ぐらいから探し始めて、契約をしないと間に合いませんよ。

四谷の地元密着の不動産会社の情報は、関連サイトである


東京アーバンライフ(都心生活)[サイト]

にあります。

なお・四谷地区では、丸正食品総本店、グルメシティ、四谷警察署、四谷消防署、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行は四谷三丁目に、四谷郵便局は信濃町にあります。
[PR]
by toshinseikatu | 2009-02-03 08:35 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報