カテゴリ:都心賃貸住宅( 17 )
新宿区東部の四谷・牛込(神楽坂)は住宅地です
約20年前のバブルの頃、リクルートの賃貸住宅情報誌の場所別掲載順位は、中央線の東京から新宿までが一番先でした。

その後、東京メトロ各線や山手線が先になります。
もっとも家賃が東京で高かった青山通りの表参道周辺はJRが通っていないためかもしれません。
地下鉄の新線ができでき、都心部で陸の孤島とよばれていたエリアも便利になったためかもしれません。

東京の港区、渋谷区でも、いまだにバスを使いか、駅から遠いエリアもあります。
東京都心部のバスは路線にもよりますが、一般的に鉄道よりも本数が少ないです。

新宿区については、
牛込についてはバスを使わざるをえない地域がありますが、
四谷についてはほぼ全地域が鉄道の駅から徒歩10分以内で行けます。


地方出身の方は新宿といいますと
超高層ビル街と歌舞伎町のイメージが強いと思いますが、
新宿御苑の大部分、明治神宮外苑のほぼ全域、国立競技場は新宿区です。
迎賓館や東宮御所は港区ですが、門をでれば新宿区です。


地方出身の方は知らないと思いますが、
四谷は東京都心で、もっとも緑に囲まれた閑静な住宅街です。


四谷には地元の個人経営の賃貸マンションのほか、大手不動産会社経営のマンションが数多くあります。



2014年春現在、四谷は分譲マンションの建設ラッシュです。
富久町が再開発され、巨大なマンションが建設されます。

分譲マンションが建設されれば、
その一部が賃貸に回されますが、
どうしても家賃は高くなります。




そこを見にきたら、その周辺の地元家主経営のマンションも見てみるといいですね。
新築ではなく、設備は見劣りしますが、
すぐ近くで安いマンションが何棟もあります。
地元の不動産屋さんに聞いてみてね。

[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-05 22:54 | 都心賃貸住宅
賃貸住宅(マンション)の探し方、設備、駐車場について
どこに住みたいかが決まったら、次は具体的にマンション探しです。

現在では、インターネットで探すことが一般的です。

地域ごとに家賃順に掲載されています。近くでも、たとえば同じ町内の高台と低地の違いなどで、また設備がよいマンションとそれほど充実していないマンションでは、当然家賃の差ができます。家賃が安いことに重点を置く方もいるし、住環境、入居者を選んでいるか、設備がいいかという質の面を重視する方もいます。

人気物件はインターネットに掲載する前に決まることもあります。

インターネットに情報を掲載している不動産会社に電話をかけてみましょう。希望を聞き、類似物件を含めて案内してもらいましょう。

時間的に余裕があり、引越しも近距離の場合は、自分でその街に行き、地元の不動産屋さんに行ってみることもいいでしょう。その地域のことは地元の不動産屋さんが一番よく知っています。ただし、大手不動産会社が建築して賃貸している物件は地元の不動産会社に情報を公開しない場合もあります。

中小の不動産屋のなかには、いまだにインターネットに広告を載せない不動産屋もいます。古くても、設備が充実していなくても、家賃が安い方がいい場合は、地元の複数の不動産屋さんを回ってみるのも手かもしれません。

設備については、なんでもかんでもあったほうがいいでしょうが、設備が充実している物件はそれだけ建築コストがかかっていますので、家賃が高いことが一般的です。なくても妥協できる設備と妥協できない設備は人それぞれであると思います。

設備がある程度充実しており、家賃相場もほぼ相場どおりで、入居者をある程度選んでいるマンションの方が安心です。

給湯、冷暖房、ガスコンロはまず必要でしょう。床がフローリングが人気があります。TV付きのオートロックのセキュリティシステムが人気があります。システムキッチンの人気も高いのですが、オーブンレンジがついていてもオーブンでゆっくりと調理する暇があるかということです。また、バスの追い炊きがあったほうがいいという夫婦もいますが、子供たちがいる場合は追い炊きがあったほうがいいでしょうが、夫婦だけの場合は追い炊きよりも強力なガス給湯設備(専門的には24号か20号)があったほうがいいのではないでしょうか。

日当りのよいところがご希望の方もいますが、東京の都心部の大規模マンションで南向きだけのマンションは少ないと思いますよ。独身男性などは寝るだけだから日当りなどどうでもいいという人もいます。

東京の都心部で居住する場合、仕事で使わない限り、車は必要ありません。都心部では表通りに行けばすぐタクシーがきます。マイカー通勤を禁止している会社が多いと思います。全員がマイカーを使い出したら東京都内は大渋滞です。しかし、仕事で使用したり、レジャーでマイカーが必要な方は、駐車場付きのマンションを選ぶか、マンションの契約と同時に駐車場の契約をした方がよいと思います。地域によるでしょうが、月極駐車場の空きは少なくなっています。

設備の中でも、インターネット環境については事前に調べておく必要があります。

ケーブルテレビや衛星放送についても調べたほうが無難です。

仕事にもよりますが、これからは専用で光ファイバーが引けることが重要です。

インターネットが共用で利用できる場合はセキュリティに注意しましょう。NTTの光ファイバーがマンションの中央部まで配線済みで電話の配管で光ファイバーを引けるか、KDDIが外部から直接光ファイバーが引ける一般的には3階以下のマンションがいいでしょう。また新しいマンションは光ファイバーが配線済みのところもあるでしょう。

このブログの関連サイトである

「東京アーバンライフ」(都心生活)

の方にもぜひお越しください。


東京の山手線の真ん中、四谷地区とその周囲の地域情報です。
地元密着の不動産会社も紹介しています。

[PR]
by toshinseikatu | 2014-02-12 09:29 | 都心賃貸住宅
今は春と違い、希望場所、希望物件が空いている可能性がある
秋の結婚シーズン、引越しシーズンです。
2~3月に比べると、引越しされる方はかなり人数が少ないのですが、
真冬や真夏に比べると多いですね。


2~3月にいい場所、いい部屋を見つけられた場合はそこに居住し続ければいいのですが、我慢をして決めた場合は、
今ではいい場所、いい部屋が空いている可能性があります。
 
地方から上京されて東京に住んだ人も、周辺部に居住している場合は、東京のラッシュアワーのすごさを身にしみている頃だと思います。
終電、終バスに乗り遅れたことはありませんか。
タクシー代、ホテル代が予想外の出費でしょ。


東京に数年は居住する場合、この秋から冬にかけて、都心部でより生活が便利、交通が便利のところに住み替えるのも、一案であると思います。

最近は、都心回帰のためか、東京の四谷については10万円台の2DK、2LDKの空室が少なくなりつつあります。20万円以上の広めの高額物件も決まってはいますが、空きもあります。

インターネットでは空室があっても、複数の不動産屋さんが同一物件を掲載していたり、すでに契約したものについても、集客のために抹消しない場合もあるのです。

照会してみると、「その物件はつい先日きまったばかり、そこよりこちらの方がいいですよ」と場所や価格を誘導されることがあります。注意をしましょう。

マンションは同一のものはありません。場所、間取り、階数、方角・・・すべて違うのです。
たまに同一マンションで複数戸あいている場合もありますが、それでも階数や方角などどこか違うところがあるでしょう。

東京の四谷の場合は、2~3月は2DK や2LDKは一時的に物件がなくなりますから、2~3月に希望通りの部屋を確保するのは至難です。しかし、秋から冬にかけては空室があります。同一の部屋でも需要と供給の関係から、秋から冬にかけては安めに家賃設定しています。
ワンルームや1DKは新築物件が多すぎて供給過剰なため、築年数のたっている古い物件、新築の狭い高額物件などを中心に、年間を通じて空室があります。



インターネットの情報はあくまで目安であり、

希望物件がある不動産屋さんに早めに行って、案内をしてもらい、自分でマンションを決めましょう。

日々刻々と状況は変化しています。

このブログの関連サイトである

「東京アーバンライフ」(都心生活)


の方にもぜひお越しください。東京・四谷とその周辺の地域ガイドおよび地元不動産会社の情報を掲載しています。
[PR]
by toshinseikatu | 2011-08-11 18:58 | 都心賃貸住宅
日常的にタクシーを利用している東京・四谷の「都会人」
東京の都心部に居住する都会人は日常的にタクシーを利用しています。

地方居住している方は車がない生活は考えられないと思います。

東京の都心部、四谷あたりに居住している方は、運転免許を持っていても、仕事で使用せざるをえない方を除き、自家用車を保有しませんね。
月ぎめ駐車場があいていて、住宅以上にうまらないのです。


交通が便利で車はいらない。四谷の全地域で駅まで徒歩10分以内です。
酒を飲むと車を運転することができない。
行き先が繁華街の場合、駐車場を探すのに時間がかかる。

近くはタクシー、遠くは鉄道を利用するのがもっとも速く移動できる方法。
四谷の大通りであれば、場所にもよるが、2~3分で流しのタクシーがきます。
四谷から主要ターミナルまでのタクシー代は千円から二千円ぐらい。(新宿は千円以内)


自家用車を保有して自分で運転するよりも、
日常的にタクシーを利用するほうが、
楽だし、便利だし、なによりも安上がりなのです。

[PR]
by toshinseikatu | 2011-08-11 18:00 | 都心賃貸住宅
今は憧れの都心に生活するチャンス!
今は憧れの都心に生活するチャンスです。

秋から年末までは入居者が少ないので家賃も安く設定されています。


高額家賃を払うことができる人は限られているし、今後は人口が減少して少子化になるのは確実なのに、大手建設会社や不動産会社はどんどんマンションを建設しています。

以前は大会社は分譲、個人や中小企業が賃貸マンションというすみわけがあったのですが、今では大手不動産会社が高級賃貸マンションを建設しています。

ただし、大手不動産会社が土地を買って建設するマンションは建築費もかかっているので、そうそう家賃は安くできません。

以前から経営していた個人や中小企業経営のマンションの方が、設備は見劣りしますが、家賃は低めに設定している家主が多いようです。

個人や中小企業経営の場合は、大手不動産会社に依頼をしていると同時に、地元の不動産会社にも情報を提供して客付けを依頼している場合が多いと思います。したがって仲介は地元の不動産会社でも管理は大手不動産会社が行うケースも多々あります。また、地元の不動産会社が管理し、インターネットに出ないマンション・アパートもあります。価格が低いマンションやアパートは地元の不動産屋さんが仲介しているようです。

空室が多いのは全体的な傾向であり、都心部も例外ではありません。

大家としては、空けておくくらいならば家賃を下げても入居してもらった方が得という考え方の大家もいます。地元の不動産会社も、成約をとるには大家に家賃を下げてほしいと依頼してきます。

インターネット万能の時代ですが、不動産を借りることについては、大手不動産会社に一任するだけでなく、地元の不動産会社も回ってみることをおすすめします。

空室が多い時期だからこそ、以前より安い賃料で都心生活が可能となりました。物件によっては、周辺部と比べてそれほど高くない物件もあります。

1月中旬ぐらいから動き出しますので、早めに探せば、都心部でもお値打ちのマンションが見つけられるはずです。

自分が住もうと思う場所に行ってみて、不動産屋さんに相談してみるとよいでしょう。案内は無料です。明らかに冷やかしは迷惑ですが、払える予算の範囲か努力できる範囲内で憧れの都心に住むことができるかもしれません。

東京の四谷、四谷三丁目、信濃町とその周辺の地域は、交通が便利、生活が便利、スポーツ施設は見るのもやるのも充実、明治神宮外苑・迎賓館・東宮御所・新宿御苑など緑に囲まれている地域です。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
d0143458_19474295.jpg

[PR]
by toshinseikatu | 2008-11-28 19:54 | 都心賃貸住宅
都内近郊の賃貸住宅の家賃相場
都内近郊の家賃相場のおおよその目安は、リクルートの「ISIZE住宅情報」の「フォレント」の


「沿線別家賃相場から探す」


を見れば把握できます。


ただし、これはリクルートに広告を出された賃貸物件の家賃相場であり、地元の不動産屋さんが管理し広告を出さない物件、リクルート以外の無料賃貸情報誌に掲載されている物件が含まれていませんし、家賃を少しまける場合もありますから、若干高めであると思います。

大手不動産会社が大規模開発を行い高級賃貸マンションを建設し、膨大な広告費をかけますと掲載物件が多くなり、家賃相場をつりあげます。周囲には格安のあまり広告がされないマンションがある可能性も否定できません。

家賃相場とはおおよその目安であり、実際には同じ地域であっても、建物のグレードや設備、マンション個々の住宅環境、築年数とリフォームの有無、募集時期、付近の需要と供給による空室率などさまざまな要因で家賃設定は変わります。

都内近郊の場合のおおよその傾向は次のようであると思います。

1.都心部の家賃相場が高く、郊外に行くほど安くなります。ただし、同じ沿線であっても、高級住宅地、急行停車駅は都心より遠くても近い駅と逆転して高くなります。

2.都内近郊全般的には、東より西、北より南が家賃相場が高いようです。東海道、東急、小田急、京王、中央線の沿線が高いようです。

3.東京では昔から「山の手」という高台の高級住宅地がありました。一般的には「川の手」よりも「山の手」の方が家賃相場が高いのです。ただし、近年、東京湾岸や隅田川の沿岸などで大規模タワーマンションが建設され、そのような高級マンションの家賃は当然ながら高額になります。

4.都心部のすぐ近くであっても、歴史的経過、大規模開発の有無、地域による情報発信の有無など総合的イメージで家賃相場が変わります。実際には住環境、交通や生活の便利さよりも、街の知名度・ネーミングが重視され、いわいる人気がある街があるのです。

たとえば新宿区の四谷と港区の青山、新宿区の四谷と渋谷区の神宮前、通り一本しか隔ててないのに、青山・神宮前の家賃は高額で四谷の方が安いです。名をとるか、実を取るかということだと思います。

最近はインターネットにより探す場合が多いでしょうが、検索エンジンの上位に表示される不動産会社は大手の場合が多く、必ずしも地元情報に精通しているわけではありません。資金的に余裕があり高級物件を探している場合、どこでもいいからある程度のグレイドという希望の場合は大手不動産会社の方がいいでしょう。

しかし、

住みたい場所が決まり、そこで少しでも住環境、設備がよく、家賃も安いほうがよいとご希望の場合は、地元に行き、地元の不動産会社に案内してもらった方がいいでしょう。

ただし、大手・地元に限らず、どの不動産会社も自分のところの管理物件を優先的に決めようとするのは当然のことです。たとえば、空室はないとの回答の場合、地域全体で空室がないのか、その会社の管理物件で空室がないのかを確かめて見ましょう。

あまり何件も不動産屋さんを回るのは労力の無駄ですが、複数の不動産屋さんを回ってみるのがいいでしょう。不動産屋さんの無理な誘導にはひっかからないようにしましょう。

同じ地域でも新しく、住環境がよく、グレイドが高く、設備が充実しており、入居者を選んでいるマンションは家賃が高い傾向にあります。とくに地元の不動産会社か直接管理している不動産会社でないと、どのような住人が居住しているかはわかりません。


大家・管理会社や警察の目が行き届いている賃貸マンションが安全です。


たとえば、迎賓館や東宮御所に近い新宿区の四谷の東南部の地域は、大家や不動産会社は入居者を厳選していますし、四谷警察署もどのような入居者がいるか巡回し、ポスターで「110番」通報を呼びかけていますので、比較的安全な地域です。

家賃は、個々のマンションの状態により違うもので、家賃相場はひとつの目安とするべきもでしょう。


写真や不動産会社については


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 19:48 | 都心賃貸住宅
東京 住みやすい街、便利な町はどこだ
独身の場合、女性はたまには自分で料理をするでしょうが、男性の場合はほぼ連日外食になると思います。

そこで重要なことは、

毎日外食できる価格帯の店が、家から徒歩圏でどれだけあるかということです。

★飲食店では次のような店があるといいですね。

定食屋、寿司店、そばうどん屋、てんぷら屋、ファミリーレストラン、立ち食いそば、カレー専門店、イタリア料理店、中華料理店、ラーメン屋、エスニック・・・・

ドトール・ベローチェなどのコーヒー専門店、フルーツパーラー、アイスクリーム、たい焼き屋・・・・

居酒屋チェーン店、水産物中心の居酒屋、焼き鳥屋、おでん屋、小料理屋・・・

★スーパー・コンビニでは次のような店があるといいですね

食品中心で惣菜・弁当もあるスーパーが深夜まで開いていること、24時間営業が望ましい

家から徒歩5分以内に複数のコンビニがあること


★衣料品、装飾品、家具、書籍、CD、DVDなどは繁華街のデパートや専門店に行った方がいいので、銀座、新宿、渋谷、青山、六本木、秋葉原のすべてに5分から20分以内で行くことができるとよい。

以上のような条件をだすと、飲食店や商店がたくさんあり、東京の主要繁華街すべてに20分以内でいけるところは、いくら東京でもないだろうと思うでしょう。

このような街は東京でほぼ一箇所だけあるのです。
東京の環状線である山手線の中心部です。
まさしく大東京の真ん中です。
新宿区四谷(四谷三丁目)とその周辺です。


中央線・総武線、丸の内線などの東京メトロが交差し、至近距離を都営地下鉄大江戸線、新宿線が走っているところ

表通りが商店・飲食店・事務所、裏通りが閑静な住宅街だから生活が便利です。

至近距離に複数のJR,東京メトロ、都営地下鉄の駅がありますから、各繁華街にすばやく行くことが可能です。

東京・四谷は忙しく働く方の街です。

高額の高級マンションから低価格の木造賃貸アパートまで、賃貸物件は豊富です。


くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2008-10-09 16:12 | 都心賃貸住宅