「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:都心賃貸住宅( 17 )
より快適な場所に引越をしよう
3月の引越は、転勤、就職など、必要に迫られての引越です。


短い時期に、空室を探して、入退去が行われますので、

便利で、環境がよく、設備が整ったマンションには、居住しにくいくいのです。



退去の時期、リフォーム・クリーニング期間、入居の時期、

退去者・入居者の事情に合わせるしかなく、タイミングによります。



5月から6月にかけて、退去が遅れたマンションは、人気・不人気にかかわらず、空室になってしまいます。


必要に迫られて引っ越しをする人は減少します。


通勤に便利な都心部に居住したい、
結婚するので住居を借りたい、
子供ができるので、少し広い部屋を借りたい、
比較的前向きの引越動機の方が増加します。




春の時期には空室がなかった、交通が便利で、生活が便利で、住環境が良い、設備が充実している、
人気マンションに、賃料を安く入居できるチャンスです。




マンションの経営者によって、経営方針・経営戦略は違いますが、
入居希望のお客様が少ない時期には、多い時期より低めの家賃にしているケースもあります。



入居者をある程度選別して、良好な入居者のみマンションにするのが理想です。
不動産会社にとっても、マンション経営者にとっても、心がけていることです。
入居者にとっては、ありのままを述べて、必要書類を提出し、入居を認めてもらいましょう。





借りて市場ですが、
堅実に経営していて、
良質な入居者を確保しているマンションンの方が、
入居者にとっても得です。



春の引越シーズン以外の引越を薦めます。
きっと、いい部屋が見つかりますよ。

[PR]
by toshinseikatu | 2015-05-30 12:59 | 都心賃貸住宅
四谷3丁目と信濃町の間の平地に立つ小規模豪華マンション「信濃町ファインコート」203号室入居者募集




信濃町ファインンコート 203号 2DK(1LDKとしても使用可能) 振り分けタイプ
四谷3丁目駅から徒歩5分、信濃町駅から徒歩7分。
神宮外苑、慶応大学病院のすぐ近く。
四谷の高台の平地。新耐震基準。標高約30m。


5月12日引越完了。5月20日頃入居可能予定。2014年クロス全面リフォーム。


2015年5月現在、東京の真ん中、四谷では分譲マンションの建設ラッショです。

あちこちで分譲マンションを建設中です。東京オリンピックに向けて国立競技場、日本青年館も建替え中。


四谷が交通が便利、生活が便利、緑が多い、スポーツ施設が充実、
都心の住宅地であり、
高台・平地の部分は標高約30メートルはあり、地盤が固い、
迎賓館・東宮御所近くの重点警備地区であり安全、
ということが評価されたと思います。


分譲マンションはよく売れるようです。

分譲マンションの一部が賃貸に流れます。


その結果、賃貸マンションが供給過剰なことは事実です。
全東京の中で山手線の真ん中に住むことの便利さを次第に一般の方も認識されるようです。
ワンルームや高額家賃や極端に古く新耐震基準でないマンションはかなり空きがありますが、
ある程度の年数がたっていても、
維持管理がしっかりしていて綺麗なマンションは
需要があります。




信濃町ファンコートはバブルになりかけたころに建設した、
当時としては最も豪華なマンションです。
当時の家賃は今の2倍近くしていました。

最近の新築マンションに比べても、お風呂の追い炊き機能がないぐらいで、それほど見劣りはしません。

構造は重量鉄骨コンクリート造り。外壁はアスロック(コンクリート版)。高層ビルと同じ構造。
外観は当時流行していた白タイル、1階ホールにはシャンデリア、吹き抜けもあります。
「ファインコート」と命名したのは大家・経営者で、うちが元祖、
その後に三井系の「ファインコート」があちこちにできるようになります。



現在供給されているのは、大規模高層マンションです。

「信濃町ファインコート」は三井ホームがバブルのころに建設した
一戸建てに準ずる小規模な3階建ての豪華マンションです。

駐車場は空きがありませんが周囲にはあり、駐輪場は完備しています。

西南の角地に立つマンションの2階の西南の角部屋、2LDKで、日当たり良好です。




地元の経営者やしっかりとしたところに勤務している長期安定入居者が中心のマンションで、
空室ができて入居者を広く募集するのはしばらくぶりです。

経営者が地元出身ですので、入居者のことをよくわかっており、目が行き届いているマンションです。


ご案内、ご相談は、近隣の指定不動産会社か、
そこから情報を得ている広範囲の広告不動産会社へ。
お客様の手数料はどちらでも同じです。
サイトに大家が依頼している
近隣の不動産会社が記載してあります。

詳細は
信濃町ファインコート
のサイトをご覧ください。

http://21-civilization.com/finecourt/finecourt.html


[PR]
by toshinseikatu | 2014-10-15 18:15 | 都心賃貸住宅
東京 賃貸住宅(マンション・アパート)の選び方(場所・価格・設備)
東京に就職が決まった
東京本社に栄転が決まった


「東京で一旗あげてやるぞ」と決意した。

どこに居住するかが運命の分かれ目です。
(独断と偏見で多少誇張した表現になっています)

東京は広いですよ。
通勤時間がかかります。
ラッシュアワーは大混雑、座れないどころか、すしづめ状態。
会社につくまでに体力消耗。
会社についてまず最初にやることはお茶飲んで休憩。
そんな勤務者が出世するわけがない。
それをやっていいのは部長以上の管理職です。
課長・店長レベルでは、一番早く来て、一番遅く帰ることになります。
新人は、新入りは誰よりも一番早く来て、仕事の準備をするのです。



次に重要なのは居住環境です。
医者、弁護士・税理士、一流企業の勤務者とくに金融、コンサルタントなどは超多忙で若手はみな都心に住んでいるか、都心に住みたいと思っています。
マスコミ、広告、芸能関係は、新人でも設備はがまんしてでも都心に住まないと仕事になりません。
有名人は郊外の高級住宅地の一戸建てに住んでいる場合もありますが、都心部の高級マンションに住んでいる場合も多いと思います。。


最近の傾向は職住接近です。

都心部は情報が多く、企業以外でも子供の学校、趣味のつながり、文化施設、スポーツ施設でさまざまな実力者・有名人との出会いがあり、友人になったり、人脈の形成ができるのです

住宅選びのポイントは

第一に場所
(交通の便利さ、生活の便利さ、街並みなどの居住環境)

第二に家賃と物価が都心としては比較的安いこと
第三に居住するマンション・アパートの設備です。

とくに光ファイバーが引けるかどうか、衛星放送が受信できるかどうか(ケーブルテレビを含む)は契約する前に確認しておきましょう。


設備がいろいろついていれば、建築費や維持費がかかりますので、家賃は当然高くなります。なんでもかんでも、ついていればよいと考えるのではなく、自分にとって何が必要で、何はなくても妥協できるという考えが必要です。



地方出身者のマンション選びの思考方法は
第一に場所の名前、イメージ
(あこがれの港区、渋谷区に住みたい、路地の奥でも青山)
(都心は家賃が高いと誤解、下北沢、吉祥寺、自由が丘などはじめから郊外に居住しようとする)
第二に家賃の価格
(周辺部、隣の県に行けば家賃は安くなりますが、不便で交通費がかかる)
(新宿や渋谷に便利で緑がある吉祥寺が人気ですが、四谷と吉祥寺の家賃はそれほど差がない)
第三にマンションの日当り、設備
(夜寝るだけなら日当り悪くても休日くつろぐ公園が近くにあったほうがいいのでは)
(単身者や若夫婦の場合は風呂の追い炊きは必要か)
(オーブンやシステムキッチンがあっても料理をする時間があるのか、使いこなしていない人がほとんど。)


はじめて上京する方は東京を知らないからやむをえないのですが、東京に住み仕事が忙しくなり、終電・終バスに間に合わずタクシー利用、通勤時間の体力消耗にまいって、都心の交通が便利、生活が便利な場所に引越しすることになるのです。

名より実、山手線の真ん中あたり、四谷あたりに住みたくなるのです。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2014-10-15 16:28 | 都心賃貸住宅
都心部にも格安賃貸マンション・アパートあり。山手線内に住もう。
ある出版社の東京紹介の人気エリアの記事をみると、東京山手線内の住宅地よりも、郊外を人気エリアにしており、本当かなと疑問があります。

地元の不動産屋の紹介もありますが、私の知っている地域では、地元で長年営業している不動産屋さんではないですね。

最近の出版社が刊行している多くの雑誌は、タイアップ記事ばかりで、どうも一冊マルマル広告なのではないか・・・・と思えなくもない。

東京の都心生まれで都内近郊を熟知している私がはっきり言えば、厳密に山手線内とは言いませんが、山手線のターミナルか、その内側が東京の中心部です。

皇室がお住まいになられているのが、皇居と東宮御所=赤坂御用地
国会議事堂、主要官庁、最高裁判所は千代田区、東京都庁は新宿区
主要企業の本社は千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区に多い
繁華街は銀座、新宿、渋谷、池袋など
東京のスポーツの中心は国立競技場・神宮球場のある新宿区、国立代々木競技場がある渋谷区
海外のブランド品の直営店は銀座・丸の内、青山・神宮前など

東京アーバンライフを楽しみたかったら、都心部の住宅地に居住することをおすすめします。

郊外だと家賃は安くすみますが、交通費がかかり、通勤時間や通勤時の混雑を考えて、損得を判断しましょう。
大学生の場合も大学の近くに住むことをすすめます。

都心の住宅地は港区の青山・麻布・白金、渋谷区の神宮前・松涛・広尾・恵比寿、新宿区の四谷・牛込神楽坂、千代田区の番町・麹町などです。

赤坂、六本木は繁華街であり、高級マンションはありますが、住宅街ではありません。
繁華街・ビジネス街にも一戸建はありませんが、マンションはあります。
最近は隅田川沿いなどの下町、湾岸などの埋立地にもタワー型の高級マンションが建設されています。

成城、田園調布、吉祥寺・三鷹などの郊外の高級住宅地、世田谷区や目黒区や武蔵野・三鷹市などは蓄財された方が豪邸を建設するところです。都心部には豪邸を建設するような広大な空地はないし、あったとしても莫大な金額になるからです。

東京でビックになりたければ、山手線の内側、とくに中心部か、南西部に住むことをおすすめします。

その地域の中で、経済力にあわせて、住む建物のグレイドを上げていくのです。

都心部には木造賃貸アパート、築年数が経っているマンション、新しいが狭いワンルームマンションなど格安物件が豊富にあります。

建物は妥協しても、場所は妥協しない方がいいですよ。

東京の都心部は24時間稼動しています。若い人であれば高額なバイトもあります。

各界の有力者に夜遅くまでつきあい、人脈をつくりましょう。
モーレツに仕事をして認められましょう。
成功を祈ります。


写真や不動産会社については


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2014-10-15 16:19 | 都心賃貸住宅
不景気なときほど都心部で物価が安い地域で生活しよう
不景気なときほど、都心部でも物価の安い地域で生活しましょう。

会社や取引先が都心部、山手線のターミナルにある場合、交通費がかからず、通勤時間が節約できます。

全国チェーンのコンビニ、お弁当屋さん、居酒屋さん、ファーストフード店、ファミリーレストランは、地域で価格差がある場合もあるようですが、その差はわずかなのが一般的です。

100円ショップは都心部でも100円で販売しています。

都心部には、問屋街、量販店、チェーンの飲食店・・・安い店がたくさんあります。周辺部と顧客数が違うから、家賃の高い都心でも薄利多売で安くなるのです。問屋さんも建て前としては小売をしませんが、小売もする店もかなりあるようです。

地価が高く、固定資産税が高く、土地が狭いのを目いっぱい建てますし、入居者は使いもしない設備を求め、寝るだけなのに眺望と日当りを求めるから、建築費がかかり家賃は高くせざるをえません。

都心部でもその土地によってかなり家賃相場が違います。
日常生活する付近の店の価格もかなり違います。
都心部の比較的家賃が安い地域と郊外の人気エリアの家賃の差を比較してみましょう。


交通が便利
(鉄道の駅から徒歩数分以内、頻繁に止まるので複数の路線があることが望ましい)
生活が便利
(食料品の購入、スーパー、コンビニ、食堂、レストラン)
緑が多く公園が近くにある
(大きな公園があると散歩ができる)
地元の飲食店と全国チェーンの店の両方がある
(味がよい地元の店、安い全国チェーン)
夜遅くまで店が開いている
深夜でも女性が安全に外出できる

 
地域で生活しましょう。

東京の場合、一般的に
西部よりは東部の方が家賃相場が低い
南部よりは北部の方が家賃相場が低い
傾向にあります。



都心部の場合は、地方出身者は詳細な地域情報を知りませんからイメージで選ぶ傾向があります。


イメージによる家賃の差が、道一本隔てただけであるのです。

新宿区四谷地区は港区青山・赤坂の隣町です。
新宿区四谷地区は渋谷区神宮前の隣町です。
新宿区四谷地区は千代田区番町・麹町の隣町です。


神楽坂は新宿区の牛込地区にありますが、イメージアップに成功しています。
四谷は新宿区の四谷地区にありますが、イメージアップ作戦中です。


新宿区四谷地区は交通が便利、生活が便利、緑が都心にしては多い、スポーツ施設があるにもかかわらず、家賃相場も物価も周辺部と北側隣接の牛込地区よりは高いですが、
南側隣接の青山・赤坂・神宮前、東側隣接の番町・麹町、西側隣接の新宿地区にくらべて
安いようです。


くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2014-10-15 15:16 | 都心賃貸住宅
家賃と交通費の合計額で判断すれば、都心生活がお得
都心部は地価が高く、税金が高いので、家賃も高いのは事実です。

東京の都心から周辺部に行けば行くほど家賃は下がります。

しかし、勤務する会社が都心部にある場合、遠くに行けば行くほど交通費がかかります。

駅から歩ける距離ですとまだいいのですが、そこからバスとなると電車賃に加えてバス代がかかります。

一般的に終バスは早いし、深夜バスの便数は多くは無いので、タクシーに乗らざるをえないこともあります。

また周辺部に行けほど公共交通は不便になるので、車が無いと生活がしにくい地域では、車のローンや駐車場代がかかります。

周辺部でも駅前の商店街が充実したところはまだいいのですが、駅によっては駅前商店街は歯抜け状態で、主要道路沿いのスーパーに車で行く必要があるところもあります。

仕事の都合で深夜まで働いたり、友人と深夜まで飲み明かして終電に乗り遅れると、ホテル代や高額のタクシー代がかかってしまいます。

このことはあまり書きたくないのですが、東京の鉄道は人身事故がものすごく多く、よく止まります。

社会人として遅刻はいかなる理由があろうとも、やってはいけません。社内だけの影響ならば許してももらえるでしょうが、大事な取引先との約束に遅れてはいけません。

東京の都心部ですと、複数の交通手段がありますから、電車内に閉じ込められない限り、駅で降りて他の電車やバスに乗り換えればいいのです。

電車がストップした場合は、駅前のタクシー乗り場は長蛇の列でしょうが、

都心部には流しのタクシーが多いので、場所をずらせばすぐつかまります。

交通費やホテル代は全額会社もちのところはまず無いでしょうから、どうしても一部は自腹ということになります。

家賃だけで比較するのではなく、家賃と交通費の合計額で、どこに居住するのが最も得かを判断しましょう。

サイトの方に、山手線の真ん中ですから、東京でもっとも交通が便利な東京・四谷の紹介があります。公園や各施設の写真を見て、詳しい情報を読み、リンク集をたどってみれば、便利さ、生活のシヤスサが地方の方にもご理解いただけるでしょう。

東京アーバンライフ(都心生活) WEBサイト

[PR]
by toshinseikatu | 2014-09-09 21:13 | 都心賃貸住宅
賃貸マンションは、夜遅くても帰れるところを選ぼう
地方から東京に出てきて、どこに住もうか選ぶとき、もっとも重視しなければいけないことは、マンションのロケーションです。

ロケーションといっても、20歳代、30歳代では「交通の便利さ」でしょう。

最近は仕事が昔に比べて遅くなりましたし、仕事を終わってからの飲み会も以前より少なくなったものの、夜が遅くなっているようです。

会社や友人と飲む繁華街から深夜でも帰ることができる場所に住むと便利です。


若いうちは仕事も付き合いも積極的にやりましょう。飲み会の場合、上司は早く帰れますが、下っ端になるほどお先に失礼というわけにはいきません。

マンションを選ぶときは日当りだ、設備だと言いますが、入居してみると、

自宅は結局寝るだけ、

さまざまな設備も使いこなさないことが多いですね。都心生活の若い方は忙しくて時間との勝負です。

時間に余裕がある人は、友達を自宅に呼んだりするのでしょうが、ほとんどの場合、友人とは盛り場で会っているようです。ただし、学生に人気がある渋谷よりも、新宿、銀座、六本木などが多くなるのでは・・・


したがって山手線の各ターミナルの真ん中、四ツ谷、信濃町、市ヶ谷、四谷三丁目、曙橋あたりに住むことが便利です。
築年数や設備を我慢すれば安いアパート、マンションもあります。

会社の場所が山手線のあるターミナルにあるのであれば、山手線の外側になりますが、そのターミナルに近い駅がが便利でしょう。

写真や不動産会社については


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-11 22:49 | 都心賃貸住宅
賃貸住宅は職住接近、交通が便利なところを選ぼう
地方から就職により上京する場合、また東京で学生生活を送り就職が決定した場合、どこに住むか考えねばなりません。

せっかく東京に住むのですから、刺激がある東京らしいところに住みたいですね。

仕事も遊びも充実、彼女もゲットしたいでしょ。

社会人1~3年目はとにかく忙しいですよ。仕事を覚えることが最大の課題ですが、その会社に長く勤めるのであれば会社の雑用もすすんで引き受けましょう。飲み会にも積極的に参加して、おごってもらえるのであれば最後まで付き合いましょう。

となると、交通便利で深夜でもスーパーや飲食店が開いているところがいいですね。そして店も高級店だけでなく大衆的な店もあるところがおすすめです。一流企業に勤めていればこそ、衣服もそれなりのものを着る必要がありますし、飲食もある程度のレベルのところに先輩に連れて行かれます。そうすると給料日前はピンチになるでしょうから・・・・・

20歳代から30歳代の超多忙なビジネスマンやキャリアウーマンなどの若手の比較的高額所得者が、賃貸住宅を選ぶ際にもっとも重視すべきことは交通の便利さです。

とくに医者・弁護士・金融機関・マスコミ・芸能などの超多忙者はタクシーでも会社や現場に行くことができる距離のところに住むべきです。

会社がどこにあるかにもよりますが、一般的には勤務先は都心でしょうし、取引先も都心でしょうから、山手線のターミナルよりさらに内側、四ツ谷(四谷三丁目)・信濃町、赤坂見附、青山1丁目(外苑前)、市ヶ谷(曙橋、麹町)あたり住むことをおすすめします。
そのあたりは東西南北の交通の要であり、各ターミナルに行くのが電車でもタクシーでも便利だからです。
(六本木や麻布は月数十万円の家賃が払えるようになり、運転手つきの自動車で移動するぐらいの所得がある方に便利なところです。日常的に高級料理店で飲食し、海外の一流ブランド品を日々購入できる人に向いている地域です。)


ここ数年、これらの地域では、空地はほぼビルやマンションが建築され、既存の建物の建て替えもすすみ、非常に多くの賃貸マンションが供給されています。
とくに四谷三丁目周辺の新宿通り、外苑東通り沿いは軒並みビルが建て替えられ、下層階が事務所・店舗、上層階が分譲か賃貸のマンションです。
ただし、四谷は基本的に忙しく働く方の街で、物価も都心の割りには安く、大衆的な街です。
昔ながらのアパートも残っており、建築年数が経っているマンションもあります。そこいらが狙い目です。


四谷地区の中では、大規模スーパー、都市銀行、警察署、消防署、飲食店街などは四谷三丁目にあります。


慶應義塾大学病院や女子医科大学病院の先生のように、地方から四谷に直接来る方もいますが、
周辺部に住んでいる方が四谷の便利さがわかり、引越ししてくる方の方が多いようです。

四谷は現在は新宿区の一部ですが、もともと旧四谷区であり、新宿駅周辺とはまるっきり雰囲気が違う住宅地です。


四谷(四谷三丁目・信濃町)は山手線の真ん中、
東西・南北の交通の要で便利なところです。
新宿は四谷と隣接している繁華街です。
四谷は店舗もありますが、住宅地です。

四谷は交通が便利、生活が便利、
都心としては緑に囲まれている、
物価が都心としては安い、
スポーツ施設が充実しています。
みなさん四谷に住みませんか。



より、詳細についてはサイトの方をご覧ください。

 「東京アーバンライフ」(都心生活)  

http://21-civilization.com/yotuya/yotuya01.html

下の写真はJR信濃町駅の駅ビルです。
線路の真上に建っており、駅ビルの真下を
JR中央線快速(通過)と中央線各駅(総武線と直通運転)が通っています。

d0143458_201219.jpg

[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-06 23:23 | 都心賃貸住宅
良質な賃貸住宅を探すには、インターネットに頼りすぎないこと。 
インターネットですと、家賃が低い順に掲載されています。

家賃が低いことは、入居者にとって、大きな魅力でしょう。

しかし、家賃が低いということは、低くする理由が隠れています。

その場所の賃料相場よりはるかに安い家賃、
礼金・敷金ゼロとか、フリーレントとか、
そのようなことを喜ぶ入居者が入っているマンションでしょう。

定期賃貸は期間限定の契約です。


いい場所は地価が高く、固定資産税も高く、
家賃を安くすることは限界があります。
設備がよいということは、建築費がそれだけかかっているのであり、
維持管理がいいということは、それだけ維持費・管理費をかけているのであり、
それも家賃を低くできない原因なのです。

場所がよく、
設備も豪華で、
維持管理がしっかりしており、
良質な入居者が入っているマンション、
良心的な経営者が経営しているマンション、
そのようなマンションの質的な部分は、
地元の不動産会社でないとわかりません。

経営者として、賃貸住宅を探している入居者に申しあげたいことは、
インターネットだけではマンションの特徴はわかりません。
自分で住もうとする場所に行ってみて、
地元をよく知っている不動産屋さんに案内してもらうことをお奨めします。


[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-06 10:56 | 都心賃貸住宅
四谷からは新宿・青山・赤坂などへ徒歩通勤が可能
 四谷(四谷の中心の四谷3丁目)から
新宿まで徒歩20~30分、
青山1~3丁目まで徒歩20~30分、
渋谷まで徒歩40~50分、
赤坂まで徒歩約30分、
霞ヶ関まで徒歩40~50分、
銀座まで徒歩約1時間、
六本木まで徒歩40~50分です。

 四谷は山手線の真ん中ですから、
非常時に徒歩通勤・通学がしやすい地域です。

 神宮外苑・新宿御苑・外堀公園・迎賓館・東宮御所など
緑に囲まれています。
 
[PR]
by toshinseikatu | 2014-03-05 22:58 | 都心賃貸住宅