カテゴリ:都心生活( 14 )
水と食料の備蓄をしよう
水と食料の備蓄をしましょう。


東京の場合、
地震が起きる時期や時間によりますが、
人口が多いのですから、
非常時に水や食料が不足することは、
間違いありません。



東京で流通経路がストップしたらどうなるか、
物資が届かないことは、
誰でも予測できます。



ビルやマンションの水は、停電になりますと止まってしまいます。
以前は給水タンクは屋上にありましたが、
現在は地上にありますので、
停電になり、自家発電設備がなければ、直ちに水が出なくなるでしょう。



東京の人口をカバーする救援物資があるのか、
救援物資があっても輸送ができるのか、
東京の場合は誰も助けてくれないと
考えた方がよいでしょう。



東京の場合は、ほとんどが地方出身者ですから、
長期的にみれば郷里に帰ることができるでしょう。


東京の場合、国の中枢ですから、
職業によっては、
とどまって仕事をせざるえない人も多いでしょう。



会社や店舗はもちろんのこと、
個人でも、職場で、家庭で、
水と食料の備蓄をすることが、
きわめて重要です。



現在、都心部ではなく、郊外のスーパーでは、
水も食料も、低価格で、大量に販売しています。
郊外のスーパーに水と食料の買い出しに行き、
都心部で備蓄すれば、生き延びられます。



もうひとつの方法は通信販売の利用です。
Amazonでは、食料品や飲料水まで販売しています。
都市ガスは復旧までかなり期間がかかりますから、
カセットコンロは購入しておいた方が良いでしょう。

[PR]
by toshinseikatu | 2013-10-17 14:53 | 都心生活
職住接近、学住接近のメリット
バブルのころは地価が上がり、家賃も上がったため、都心に住むことができず、郊外に家を借りたり、買ったりせざるをえませんでした。

現在は地価も、家賃もバブルのころに比べれば大幅に低下しました

地方から上京されて、まず驚くことは朝夕の通勤ラッシュでしょう。慣れていないこともあり、体力消耗、グロッキーになるようです。

混雑の状態にもよりますが、本も読めないぐらいに混雑していることはざらですよ。

時間的にも、体力的にも、交通費の節約からも、会社や学校のそばに住んだ方が楽です。

都心部と郊外の家賃の差は少なくなってきており、また郊外でも東急や小田急や中央線沿線は高いので、都心部との家賃さがないところもあるようです。

職場については交通費については会社の補助があるでしょうが、通学の場合は全額負担になるでしょうから大学や専門学校に近い方がいいに決まっています。
大学が東京都心部から、一時期、郊外に移転しました。
郊外の大学であれば郊外に居住する方が便利でしょう。
ただし、いったん郊外に移転した大学も、大学院や一部施設を都心部に戻している大学もあります。




通学時間の分をバイトで稼げば、都心部の方が一般的に高額のバイトがあるので、元がとれますよ。学生のうちに就職したい業種のバイトで人脈をつくのも手ですね。


東京の生活は地方と比べ物にならないくらい夜が遅いのです。終電や終バスに関係なく仕事や勉強やつきあいをやりたいものですね。

東京らしい生活が楽しめるのはやはり都心です。

都心に企業も店舗も集中していますから刺激になりますよ。都心回帰は急速に起こっています。都心に住むことは、時間の節約だけでなく、バイトをすれば経済的にも節約になるでしょう。

家賃の差以上に交通費の差、バイト収入の差はあるはずです。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2011-08-11 19:22 | 都心生活
東京の夜は遅い、深夜でも帰れる街に住もう
地方に行くと中心部でも飲食店や商店が閉まるのが早いですが、東京都心部の繁華街の夜は遅いですよ。

東京の都心部にある一流企業に勤務しているエリートであれば、深夜まで残業のことも多々あるでしょう。

終電や終バスの心配をしていたら、仕事になりません。上司や先輩、取引先より早く帰ることはできません。

東京の場合は車で通勤することはほとんどの企業で無いと思われます。まして酒を飲んだら絶対に運転してはいけません。
したがって

公共交通が便利で、イザというときにはタクシーでも帰ることができるところに居住しましよう。

家賃の差だけでなく、交通費の差を考えましょう。

理想としては、東京の都心部、山手線の内側で、交通が便利で、家賃が安いところを狙うべきです。

山手線の内側では青山、赤坂、六本木あたりが最も家賃が高く、北部は家賃が安いのです。

家賃相場はイメージ、ネームバリューによるところが大きく、港区青山・渋谷区神宮前は高額です。

ところが、隣接している新宿区四谷の家賃相場は周辺部に比べれば高いのですが、港区青山、渋谷区神宮前に比べれば安いです。

吉祥寺、下北沢、明大前など周辺部の人気エリアと四谷の家賃はそれほど差がありません。

新宿区四谷は既存のビル・マンションを建て替えて、多くのマンションが供給されていますので、物件も豊富です。ただし、3月4月には一時的に満杯で物件不足になります。

くわしくは


東京アーバンライフ(都心生活)


のサイトの方をごらんください。
[PR]
by toshinseikatu | 2011-08-11 18:07 | 都心生活
計画停電に思うこと
東京電力は原子力発電を押しすすめ、
安全性を強調していました。


今回は大地震が原因ではありますが、
原子力発電所が危険であることに変わりはありません。


日本は唯一の被爆国であり、
できる限り原子力発電に依存しない技術を開発してほしいと
私は考えています。



「計画停電」といえば、
一見公平に思いますが、
実際には都心は停電にならず、
東京23区以外の地域を
計画的に停電させるものです。



私は、東京と埼玉を行き来しています。
都心には都心の良さがあり、
「緑と清流」がある、
郊外には郊外のよさがあります。


いつ電車が止まるか、全くわからないと、
長距離歩くことが困難な私は、
都心に通勤できません。



「計画停電」と言うならば、
公共性のある鉄道や病院や
食料品などを生産する工場や店舗を
除外するべきだと思います。


現在、自家用車とバス・タクシーが動いてはいますが、
いつまでガソリンが供給できるのでしょうか。
公共交通がもっとも省エネになるはずです。

[PR]
by toshinseikatu | 2011-03-14 22:12 | 都心生活