副都心線開業で四谷三丁目がますます便利に
副都心線の開業で四谷三丁目がますます便利になりました。

昨年の6月に東京メトロ副都心線が開業しました。



副都心線の急行は、渋谷駅東口、新宿三丁目伊勢丹前、池袋駅西口をノンストップでつないでいます。

埼京線の渋谷駅は恵比寿方向に歩かなければなりませんし、新宿駅も代々木方向に歩く必要があります。そのてん、副都心線は繁華街の真下ですから便利です。
ただし、地下深くですから、エスカレーターやエレベーターはありますが、ホームまで時間がかかるのは止むえませんね。


確かに地上に出るのはたいへんなんですが、地下鉄同士の乗り換えは意外に楽ですね。エスカレーターか階段で直接結ばれています。


副都心線の開業で、もっとも便利になったのは、新宿三丁目周辺です。

新宿三丁目駅の丸の内線と副都心線の乗り換えは、専用階段(副都心線から丸の内線の上りのみエスカレータあり)で瞬く間です。

以前は、東京メトロ丸の内線、都営新宿線以外はJRか、私鉄の新宿駅まで歩く必要がありました。
渋谷と池袋にはバス(かなり以前はトロリーバスが走っていました)はあり、歩かずに繁華街の真ん中にいけるのですが、交通渋滞に巻き込まれて、時間がかかりました。



新宿三丁目は繁華街で住宅地ではありません。
新宿二丁目にはマンションがありますが、どのような場所か説明しなくてもご存知ですよね。


住宅地として最適なのは、四谷三丁目周辺、とくに新宿通りより南側です。

南が神宮外苑、東が東宮御所・迎賓館、西が新宿御苑、北が新宿通りの商店街に囲まれた一帯が、交通が便利で住環境がよい場所です。

北側に四谷三丁目駅、南側にJR信濃町駅・都営大江戸線国立競技場前駅、東側に四ッ谷駅、西側に新宿御苑前駅があります。

四谷三丁目駅から、新宿、赤坂、霞ヶ関、銀座、丸の内は丸の内線でもとから便利でした。

このたび、副都心線の開通により、渋谷、外苑前・原宿、池袋に行くのが速く、楽に行けるようになりました。

東京の真ん中、四谷に住みませんか。
東京の真ん中、四谷で仕事をしませんか。


四ッ谷駅のある四谷見附、四谷一丁目から四谷大木戸、四谷四丁目(サンミュージックが交差点のところにあります)あたりまでの新宿通りをはさんだ南北の地域を四谷といいます。

広義には旧四谷区全体、新宿も旧四谷区の一部で、今でも四谷警察署、四谷消防署、四谷税務署の管内です。

西新宿は淀橋、北新宿は柏木、東新宿はおそらく大久保か角筈が旧地名だと思います。

姉妹サイトである


「東京アーバンライフ」
(都心生活)(四谷・信濃町地域情報)


には地元の不動産会社のサイトのリンクや会社名・電話番号の情報があります。
[PR]
by toshinseikatu | 2009-02-03 08:45 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報