四谷・信濃町・四谷三丁目の2DKや2LDKの賃貸マンションは3月・4月には空室が少なくなります。
四谷・四谷三丁目・信濃町のファミリータイプの2LDKや2DKの賃貸マンションは、例年3月には空室がなくなります。

ワンルームや1DKは、選ばなければ3月・4月でも、おそらく入居が可能と思われます。

しかし、ファミリータイプの2LDKや2DKは、例年3月はお手ごろの価格帯のマンションは空室がなくなり大騒ぎをします。
やむをえず別の地域で決めるケースがあります。
大規模マンション建設により供給が増加していますが、それでも一時的に3月は空室が少なくなります。


それは、3月末に四谷のマンションの入居者と退去者が重なる季節要因によります。

1.慶應義塾大学病院の医師の転勤時期が4月末から3月末に早まりました。

2.大企業勤務者の転勤時期は3月下旬です。

3.学習院の初等科・雙葉(ふたば)学園の入学時期は4月上旬です。

リフォームする期間もありますので、5月以降は空室が増えます。
その後、季節に関係ない自営業者の方が入居されます。



四谷に住む予定の皆様、四谷・信濃町・四谷三丁目の2DKや2LDKについては、2月中に探して契約をしませんと住環境、設備、お手ごろの価格のマンションには入居できません。

3月には、おそらく例年どおり空室が少なくなるでしょう。四谷・四谷三丁目・信濃町のお手ごろの価格帯のマンションに住むことは不可能になります。

賃貸マンションの家賃設定は、建築費・借入返済額・税金・経費によっても決まりますが、需要と供給のバランスによっても決まります。同じマンションの同じ部屋であっても、付近に空室が多く決まりにくいとなれば、利益がでなくても家賃を下げざるをえないですし、逆に空室が少なくてある程度の家賃でも決まりそうであれば、利益がでる家賃に設定します。

需要と供給により家賃相場は決定します。
秋から冬にかけてと真夏は低めの家賃になります。
空室にするよりは家賃を下げても入居してもらった方が得ですから・・・


四谷・四谷三丁目・信濃町の2DKや2LDKで、設備がある程度充実した、お手ごろ価格のマンションをお探しの場合は、1月ぐらいから探し始めて、契約をしないと間に合いませんよ。

四谷の地元密着の不動産会社の情報は、関連サイトである


東京アーバンライフ(都心生活)[サイト]

にあります。

なお・四谷地区では、丸正食品総本店、グルメシティ、四谷警察署、四谷消防署、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行は四谷三丁目に、四谷郵便局は信濃町にあります。
[PR]
by toshinseikatu | 2009-02-03 08:35 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報