「ほっ」と。キャンペーン
東京オリンピックに向けて、東京・四谷の人気高まる
東京オリンピックに向けて、国立競技場、明治記念館が解体し、建替え中です。

国立競技場のあるところは、東京都新宿区霞ヶ丘です。

新宿といえば超高層ビル街や繁華街をイメージされると思いますが、
神宮外苑の大部分は新宿区、新宿御苑の北半分の池のところまでが新宿区です。


新宿区四谷は、大道りに面したところは商店街ですが、
新宿の繁華街の東隣であり、最近は都心の住宅地として再開発や建て替えが進んでいます。

東京23区で一番標高が高いところは、新宿区戸山にある箱根山です。
尾張徳川家の下屋敷であった場所で、江戸時代に庭園の一部であった人造の山のようです。

新宿区の戸山、牛込、新宿、四谷あたりまで、標高約30メートルの台地です。

四谷には台地の部分と、谷の部分の両方があります。

新宿通りから南側、東が外堀・迎賓館、東南が東宮御所、南が神宮外苑、西が新宿御苑と、
都心とは思えないほど、緑あふれる住宅街です。

中央線、総武緩行線のトンネルがあるところが、四ツ谷駅と信濃町駅の間です。
トンネルの上は迎賓館前の公園、学習院の初等科です。

東京電力病院のあったところは、現在解体が進んでいます。
実は地下に変電設備があり、簡単には解体できないようです。
もともとこの土地は柳原二位の局(大正天皇の実母)のお屋敷跡です。

昭和39年=1964年には、東洋で初めて「東京オリンピック」が開催されました。
そのメイン会場は国立競技場です。

放送局はオリンピックまであと何日と毎日放送、日本中が一丸となり、オリンピックの準備をすすめました。
東京五輪音頭、若き血潮(正式名かは忘れました)など、五輪関係の歌が流されました。

開会式にはブルーインパルスが、上空で五色の輪を描きました。

マラソンはアベベが優勝、円谷が最後に抜かれて、惜しくも3位でした。
大松監督率いる東洋の魔女、女子バレーボールが優勝しました。

東京オリンピックに合わせて、東海道新幹線が開業し、首都高速が建設されました。
外苑西道りが開通したのも、東京オリンピックの時期です。
新宿通り、青山道り、外苑東通りが、ほぼ2倍の道路幅に拡張されたのは、
その後であったと記憶しています。

東京の真ん中、四谷に住みませんか。
東京の真ん中、四谷で仕事しませんか。
どこから来るにも、どこへ行くにも便利です。
学校、病院、宗教施設、弁護士事務所、税理士事務所、団体事務所、葬儀会場・・・・
多くの人々が来ることが便利な四谷、四谷三丁目、信濃町です。

東京オリンピックに向けて、東京の真ん中「四谷」の人気が向上中です。
フジテレビ、文化放送、日本テレビ、さらにはその下請け関係、移転してしまいました。
すでに場所がないのです。拡張は至難です。
あまり情報発信していませんから、地方の人にとって、知名度は今ひとつ。
多くの人を呼び寄せようとしなかったのが、東京・四谷です。
[PR]
by toshinseikatu | 2015-05-11 22:35 | 四谷・四谷三丁目・信濃町情報